スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは

2012/10/17


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマはスマートデバイスのアプリ開発をラクにする「BaaS」です。新しくクラウドの1領域に加わったBaaSには海外勢に加え国内業者も参入し、利用しやすい環境が整ってきました。今まさにビジネスへの本格的な適用が始まろうとしているBaaSのイメージと利点について、要点を押えておきましょう。

BaaS

※「BaaS/スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BaaS/スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「BaaS」とは何か

 「BaaS(Backend as a Service/バース)」は昨年終わりにアメリカのKinvey社が提供開始して以降、数々の企業が参入し続けている、スマートデバイスに向けた新しいクラウドサービスの総称だ。

1-1

BaaSの位置づけとは

 従来はクラウドといえばIaaS/PaaS/SaaSの3種と考えられてきた。そこに新しく登場したBaaSの位置づけは、PaaSとSaaSの境界部分といったところになろうか。BaaSはもともと、スマートフォンやメディアタブレット、いわゆる「スマートデバイス」のネイティブアプリケーションの開発効率を上げる目的で作られた。これまでのXaaSと違うのは、スマートデバイスにフォーカスしているところと、BaaSの“B”が意味するように、アプリケーションの「バックエンド」、すなわちアプリケーションの背後にあるサーバサイドの仕組みを担当するところだ。
 BaaSには次々にサービス業者が参入しており、多くのサービスが選べる状態になってきた(本記事末尾に主なサービスの一覧を掲げる)。国内では今年3月にベータ版がリリースされたピーシーフェーズ社のappiariesが初のBaaSプロバイダーとなった。同社の描くBaaSのポジショニングは、図1の通りだ。クライアントでの処理がメインになる業務の中で、できるだけサーバサイドの開発をなくすようにするのがBaaSだ。

図1 BaaSのポジショニング(appiariesの視点から)
図1 BaaSのポジショニング(appiariesの視点から)
資料提供:ピーシーフェーズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

BaaS/スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

BaaS」関連の製品

クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】 Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く 【東日本電信電話】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。

BaaS」関連の特集


「今いる場所に一番近い得意先は?」「近いエリア内で今月未訪問の顧客は?」顧客検索やマーケティング活用…



「mBaaSって何?」という方は必見。IaaS/PaaS/SaaSでもない、mBaaSの位置づけや基…



スマートフォン普及に合わせて自社で活用したいと考えるものの、人材もいないしノウハウもない…と悩んでい…


「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BaaS/ スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BaaS/ スマートデバイス向け新クラウド!BaaSとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005148


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ