この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/10/15

ザ・キーマンインタビュー Windows Server 2012が市場に与えるインパクト

マイクロソフトが新たにリリースしたWindows Server 2012は、これまでリリースされた新バージョンと比較して、サーバOS市場、あるいは、その関連市場に対して、より大きなインパクトを与えることになるのか?また、そもそも、サーバOS市場は現在どのような状況にあるのか。IDC Japanの入谷光浩氏にお話を伺った。

IDC Japan株式会社 企業サイトへ

入谷 光浩 氏

IDC Japan株式会社
ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト
入谷 光浩 氏

仮想化利用の増加でライセンスあたりの単価は上昇

Question

まず、近年のサーバOS市場の成長率や製品シェアなどの概要をお聞かせ下さい。

Answer

IDC Japan株式会社:入谷 光浩 氏

2011年の国内サーバOS市場は、メインフレームも含めたトータルで見た場合には731億7700万円という規模(出荷ベース)で、成長率としては前年比1.5%減になっています。つまり、サーバOS市場の現状としてはマイナス成長なのですが、これはUNIXやメインフレームが2桁以上の大きな減少となっており、全体がそれに引きずられているというかたちと言えます。

 ただ、OS別に見た場合には、x86サーバの出荷台数が横ばいだというマイナス要因があったにもかかわらず、市場構成比の約半分に達しているWindowsは4.5%の成長で、また、Linuxはサブスクリプションモデルによる安定的な収益構造をとっていることもあり、8.4%の堅調な成長となりました。2010年における前年比成長率を見ても、Windowsが16%、リナックスが11%で、この2つのOSに関しては、プラス成長がしばらく続いているという状況です。

 また、最近のもう1つの傾向としては、仮想化の影響というものがあります。ご存知のとおり、以前は物理サーバの出荷台数とサーバOSの売上高はほぼ比例していました。ただ、近年では、例えばx86サーバとWindowsの関係を見た場合、前者の出荷台数はほぼ横ばいになっているものの、後者の売上高は成長しています。仮想化の利用が増えていることはもちろん、最近では、より多くのゲストOSを稼働させるケースが目立ちますから、Standardエディションのユーザが1ライセンスで無制限に仮想OSを使えるDatacenterエディションへと移行するというかたちで、上位エディションの売上の比率が高まり、ライセンスあたりの単価は上昇する傾向にあります。

図1 国内サーバオペレーティングシステム市場 稼働環境別売上額実績(2009年〜2011年)
図1 国内サーバオペレーティングシステム市場 稼働環境別売上額実績(2009年〜2011年)
出典:IDC Japan、2012年7月

Question

クライアントOSの動向などもサーバOS市場に影響を与えるものなのでしょうか?

Answer

まだWindows Server 2003を使い続けている企業も多いですが、それと同様に、Windows XPを使い続けている企業も多く、いずれも40%程度の比率で残っているのではないでしょうか。まったく同じ時期にリリースされたわけではありませんが(Windows Server 2003は2003年、Windows XPは2001年にリリース)、ほぼ同じタイミングで広く普及し、Windows Server 2008(2008年リリース)とVista(2006年リリース)に関しては、移行を見送る企業が多かったというのは確かです。

 もちろん、各々のタイミングでサーバとクライアントを片方ずつ更新してもよかったのでしょうが、やはりユーザ企業にとっては、投資のタイミングを考えた場合、同時に揃えて実施したいというのが真情です。しかも、5年というサイクルでは、よほど新しいテクノロジーが利用できるのでもないかぎり、なかなか総入れ替えに踏み切れるものではないでしょう。ただ、既にメインストリームサポート期間を終えた旧世代のWindows XPとWindows Server 2003に関しては、パフォーマンスの劣化やセキュリティリスクの懸念も指摘されていますから、その更新という意味では、Windows 7への移行の本格化、あるいはWindows 8の登場、そして、Windows Server 2012の登場という条件が整った現在というものは、絶好の時期なのかもしれません。


このページの先頭へ

Windows Server 2012のリリースが周辺マーケットに与えるインパクト

Question

今回、マイクロソフトが新たにリリースしたWindows Server 2012は、これまでのメジャーバージョンリリースと比較して、市場に対してより大きなインパクトを与えるものだと言えるでしょうか?

Answer

IDC Japan株式会社:入谷 光浩 氏

インパクトというものをどこに見るかでも変わってくるかと思いますが、例えば、Windows Server 2012がリリースされたからといって、サーバの出荷台数に影響を与えるとは考えにくいですよね。また、サーバ市場においてはx86サーバが既に8割以上を占めていますし、その大部分にWindowsが搭載されているという状況ですから、サーバ市場、あるいはサーバOS市場の勢力図を大きく書き換えるという余地もあまりないでしょう。

 ただ、一方で、周辺のマーケット、いわゆるWindowsにかかわるエコシステムに対する影響を考えた場合には、今回のWindows Server 2012は大きなインパクトになりうると考えています。特に注目しているのは、パフォーマンスが大きく向上したHyper-V 3.0です。企業にとってはWindowsによるサーバ仮想化が非常にやりやすくなるでしょうし、それによって、インフラストラクチャの仮想環境への置き換えが促進される可能性が高い。そうなると、アプリケーションも仮想環境上でより確実に、しかもシームレスで稼働するようなものへと切り替えていかなければならないし、仮想化に対応した管理システムも必要になるでしょう。

Question

その結果、仮想化を中心としたマーケットを活性化させていく可能性があるということでしょうか?

Answer

そういうことですね。そのほかにも、今回のWindows Server 2012では、System Center 2012、SQL Server 2012なども含め、マイクロソフトのITソリューション全体の刷新が図られている点も大きな特長になっています。そのため、様々な部分において、Windows Server 2012への移行をきっかけに、ITシステムの包括的な刷新を推進していこうという動きが出てくる可能性は高いと思います。

 サーバOSに求められるものというのは、以前は管理の安定性が第一だったわけですが、現在では、やはり、仮想環境・クラウド環境への対応でしょう。これをブレイクダウンすれば、スケーラビリティや情報処理の高速性、仮想化ハイパーバイザとの親和性、あるいはネットワーク仮想化などが求められるということになります。今回のWindows Server 2012は、そういった部分にフォーカスして開発されていると感じますし、仮想化に関する機能も充実したため、これまで懸案となっていた「Hyper-Vによる仮想化への懐疑的な見方」は十分に払拭できる性能を備えていると思います。

 あともう1つ、そうした仮想化の次にどうするのかという、次の時代を見据えたサーバOSになっている点も重要だと言えます。仮想化が当たり前の技術になり、仮想化抜きにインフラストラクチャは語れないというレベルに達したあとは、当然ながら、クラウドへの移行が課題になるでしょう。プライベートクラウドを作っていくにせよ、パブリッククラウドを利用していくにせよ、クラウド環境を取り込んだ企業ITシステムをどのように構築していくのか。そうした問題に対して、Windows Server 2012では既に確立されつつあるクラウドアーキテクチャをいち早く取り込み、実際に利用するための機能要件を満たしたわけですから、その意味でもマイクロソフトはやはりジャストなタイミングにリリースしたと思います。


このページの先頭へ

新たな需要におけるWindowsのオポチュニティが既に高まりつつあった

Question

ITシステムのクラウド化という流れの中で、Windows Server 2012には求められるテクノロジーが備わっている存在として、ユーザに受け入れられていく見込みがあるということでしょうか?

Answer

IDC Japan株式会社:入谷 光浩 氏

テクノロジーの面だけではなく、市場のオポチュニティという見方においても、もともと素地は整っていたのだろうと思います。企業においては、もちろん今後もオンプレミスでシステムを構築し続けるケースもあるでしょうが、やはりクラウドサービスへの移行、あるいはデータセンタへの集約といった動きが目立つようになってきています。今後はクラウドの活用範囲も更に拡大していくでしょうが、その際には、どんなプラットフォームでもよいというわけではありません。

 例えば、主にWebサイト構築に使われるホスティングサービスなどでは、オープンソースのLinuxを利用するケースも多くなっていました。しかし、同じようにデータセンタのリソースを利用するにしても、既存の企業アプリケーションを稼働させるクラウド環境を構築する場合には、やはりWindowsというプラットフォームが必要だという企業も少なくないでしょう。そうした、新たな需要におけるWindowsのオポチュニティが高まりつつある状況で、Windows Server 2012が登場したと言えるのではないでしょうか。

 マイクロソフトでも“クラウドOS”とうたっていますが、要するに、従来のオンプレミス環境をWindows Server 2012へと移行させると同時に、そこから派生するかたちで、クラウド基盤でもWindows Server 2012を広めたいという思惑があるかと思います。そうすることで、オンプレミスのWindowsとクラウド上のWindowsをシームレスに利用したり、管理できるということですね。

 こうした方向性は、いわゆるベンダロックインだと感じる方もいるでしょう。ただ、だからといって、ほかにまったく方法がないわけではなく、あくまでもユーザ側の選択次第だと思います。Windowsでまとめてしまったほうが便利だと感じればそうすればいいですし、現実的に考えれば、管理やサポートの面でやりやすいのも確かでしょう。いずれにせよ、ユーザ側できっちりと考えて、自分が取り組みやすいかたちでシステムを構築していくべきで、その上でWindowsをすべての柱にするのが得策だと判断するなら、それも1つの最適な選択と言えるのではないでしょうか。


●ありがとうございました。


取材協力

IDC Japan株式会社 企業サイトへ

IT専門の調査会社として、1975年に設立以来、国内・外の情報技術・通信産業をはじめ、金融機関、政府機関などへ、市場データ、市況分析とそれにもとづいたアドバイスを提供。グローバルに展開するビジネスを品質の高いデータで支援することに取り組んでいる。


このページの先頭へ



◆関連記事を探す

Windows/Windows Server 2012の市場へのインパクト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

Windows」関連の製品

ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】
ID管理 Web会議 ワークフロー
システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。

Windows」関連の特集


コンシューマ向けと言えども侮るなかれ。数千円から2万円台でも、もはや 90Mbps以上は当たり前。V…



リソース有効活用の要である“サーバ仮想化”。今どこまで信頼性&可用性が進化してきているのか、最新事情…



2010年の出荷台数が前年比17.9%増の1578万台で過去最高を記録した「国内クライアントPC」市…


Windows」関連のセミナー

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月17日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月10日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005136


IT・IT製品TOP > Windows Server 2012 > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ