過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得

2012/12/20


 スマートフォンやタブレットが企業で利用されることで、モバイルでの社内情報利用の機会も増えてきた。加えてクラウドサービスの利用や仮想環境を利用したIT基盤が増える中で、これまでのIT資産管理の方法も変化せざるを得ない。Windows XPがサポート終了を目前に控える今、新OSへの移行を機にクライアント環境の見直しや管理方法のアップデートを考える企業も多いだろう。大きな変化の時期を迎えたクライアント環境を前に、企業はどのように管理をしていくべきなのだろうか。今回は、変化するクライアント環境を前に、望ましいクライアント管理はどうあるべきかを考えてみよう。

資産管理

※「資産管理/過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

入谷 光浩

ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト 入谷 光浩(Mitsuhiro Iriya)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #067

官公庁向けの将来需要予測や技術動向調査、ソフトウェアを中心とした市場予測や競合調査、ユーザ需要動向調査などを経験後、IDC Japan入社。インフラストラクチャソフトウェア担当アナリストとして関連市場を調査。専門の分野・テーマは、システム/ネットワーク管理ソフトウェア、オペレーティングシステム、仮想化ソフトウェア、クラスタリングソフトウェア、オープンソースソフトウェアなど。電機・電子関連の新規事業企画・開発の経験も有する。



1

変化する企業ITのクライアント環境

 現在、企業ITシステムのクライアント環境は次の3つの面で大きな変化を見せている。

(1)

既存PCのOSの新バージョンへの移行

(2)

デスクトップ仮想化(VDI)の普及

(3)

スマートデバイスの台頭

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理/過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ITを活用した働き方改革を実現する、具体的な方法 【ヴイエムウェア株式会社】
ERP IT資産管理 MDM
強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 ITを活用した働き方改革を実現する、具体的な方法

資産管理」関連の特集


ブレードサーバーは、2001年に初めて市場に登場して以来、省スペースに多くのサーバーを設置できること…



2015年以降、強制適用の可能性が高まってきた国際会計基準(IFRS)の基礎解説と、情シスが対応すべ…



セキュリティ対策や省電力などへの根強いニーズがある同市場で、金額ベースで37.4%のシェアを獲得し、…


資産管理」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 5月18日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー5 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 4月26日(水),5月17日(水),5月31日(水),6月14日(水),6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー5」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 6月19日(月),9月11日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ 過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ 過密デバイスを見据えたIT資産管理の心得」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30005124


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ