1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情

2012/12/03


 「情報爆発」時代を迎え企業システムのデータ量は増すばかり。またサーバ統合が進む一方で仮想化サーバは手軽さゆえに乱立しがちだ。従来のバックアップの手法だけでは将来のデータ増や複雑化に対応できなくなりかねない。最新のバックアップツールではD2D運用はもちろん、重複排除機能の強化、サーバを止めないバックアップ、物理サーバの負荷を抑制した仮想サーバのバックアップなど、さまざまな工夫が凝らされるようになった。またDR(Disaster Recovery/災害対策)の必要性も広く認識され、バックアップとの両立の道を探る企業も多い。今回は、大震災後に変貌してきたバックアップツールの現状と選び方を紹介していく。

バックアップ

※「バックアップ/1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

 「バックアップ」はITシステムの障害に備え、本番系システムの内容を別の媒体にコピーして、いつでも元に戻せる状態にしておくことだ。バックアップはサーバとクライアントそれぞれに求められるが、ここでは、データ量が多く重要度も高いサーバの情報を保護するためのバックアップツールについてのみ紹介する。

1-1

基本的なバックアップ環境のイメージ

 バックアップツールはもともとはデータをテープにコピーするために生まれた。複数のシステムの大量データを一定の時間枠でバックアップするには、作業のスケジューリングと実行、テープの交換など複雑なオペレーションが要る。バックアップツールは、テープドライブやテープライブラリ装置(複数テープの自動操作ができる装置)と連携して、ほとんどのバックアップ操作を自動化してきた。
 サーバ1台に1台のテープドライブでバックアップする方法はもちろん、数台〜数十台のサーバのデータを、1箇所に設置したバックアップサーバ(バックアップソフトが導入されたサーバ)に集約し、バックアップサーバに接続したテープ装置に全データを効率的にバックアップする「統合バックアップ」も、今ではごく一般的なものになっている。その構成は図1のようなイメージだ。

図1 シンプルな統合バックアップの構成例
図1 シンプルな統合バックアップの構成例
資料提供:日本クエスト・ソフトウェア

 図1ではバックアップ対象を2つのグループ(バックアップドメイン)に分け、それぞれのドメインに1台のバックアップサーバを立てている。バックアップはサーバに大きな負荷がかかる操作なので、機器性能とデータ量、バックアップに許される時間を勘案して、ドメイン毎で同時並行して処理するといった工夫が必要になることも多い。
 しかしそんな場合でも、管理のための端末は1台でよい。すべてのバックアップの設定が一元化でき、進行状況やエラーの有無、ログやレポート作成などの管理業務は管理用端末画面(図2)から行える。

図2 統合バックアップツールの管理画面例
図2 統合バックアップツールの管理画面例
※Windows、UNIX、Linux、Mac OS Xなどにマルチ対応だが、管理画面は同一。
資料提供:日本クエスト・ソフトウェア

 管理操作も一度バックアップ条件を設定してしまえば複雑なことはない。人間は動作状況の監視やトラブル時のアラートへの対応、テープの交換、取り出したバックアップ済みテープの保管や移送準備などの仕事だけになる。省力化できるとともにヒューマンエラーが発生しにくくなるのが大きなメリットだ。
 こうして統合バックアップされたデータは、業務サーバに障害が生じて復旧するときに使われる。元のサーバに書き戻すことは「リストア」という。これはめったにあることではないので、毎日の仕事であるバックアップほどに関心が払われることがなかった。しかし東日本大震災を経験した現在では、被災しても速やかに業務再開できるよう、リストアの速さについてもおおいに関心が高まっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップ/1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

シンクライアントによるセキュリティ対策はVDIだけではない 【日立製作所】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
VDI その他ストレージ関連 バックアップツール
VDIは情報漏えい対策に有効だが、全社展開には非常に高いコストが掛かる。目的次第では他のソリューションと組み合わせたアイデアで、課題を解決できる可能性がある。 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは

バックアップ」関連の特集


企業のインフラ構築に欠かせないデータセンターですが、どんな視点で選ぶべきなのか、5つの視点からそのポ…



無常にも一瞬のうちに消え去るファイル。「露と消えにし我が苦労」と涙をのむ前に。バックアップツールの基…



DropboxやBoxなど様々なオンラインストレージサービスが登場していますが、その使い分けの心得と…


バックアップ」関連のセミナー

移行/運用/監視…AWSを確実に軌道にのせる全ステップを公開 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 12月8日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

設計・構築からデータの移行を経てその後の運用・監視まで、AWSを軌道に乗せるまでの全ステップを俯瞰し、AWSビギナーがつまづきがちなポイントをどうクリアすればよ…

TBクラスの大容量データベースを短時間で移行する スゴ技 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、大容量のデータベースを、クラウド等の新環境に、短時間で移行したいといったニーズが増大しています。本セミナーでは、弊社製品であるStandby Expres…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 11月29日(水)〜12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ 1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ 1/10まで時間短縮!最新バックアップ事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005117


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ