この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    前田 典彦
    Norihiko Maeda
    株式会社Kaspersky Labs Japan
    マルウェア及びインターネットセキュリティに関する調査啓蒙活動に従事するほか、政府や各種団体の委員・幹事としても活動している。同社のCSIRT組織であるKLIRRTの代表も務める。
2012/09/25
Flashfakeはどのように感染するのか?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「Flashfakeはどのように感染するのか?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


Flashfake/Flashfakeはどのように感染するのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Flashfake」関連情報をランダムに表示しています。

Flashfake」関連の特集


 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの概要に触れた。第2回の本稿ではFla…



 前回はFlashfakeの感染経路としてJREやFlash Playerがあることを解説した。今回…



 「Mac OSはウイルスには無縁だ」。過去にはそんなことも言われたことがあることを記憶している。確…


「アンチウイルス」関連の製品

サイバー攻撃への多層防御強化は続けつつ、感染に備えた事後対応 【シマンテック】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか

「アンチウイルス」関連の特集


USBメモリ起因のウイルス感染が多発。対策にUSBメモリ使用をやめた人はどれくらい?セキュリティ機能…



 2009年に入って感染被害報告数が増加している不正プログラムの中で、前回は「WORM_DOWNAD…



対応費用に8億円!?組織化・凶悪化する“スクリプトキディ”に狙われた企業はどう守る?従来型のアンチウ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005105


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ