この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    前田 典彦
    Norihiko Maeda
    株式会社Kaspersky Labs Japan
    マルウェア及びインターネットセキュリティに関する調査啓蒙活動に従事するほか、政府や各種団体の委員・幹事としても活動している。同社のCSIRT組織であるKLIRRTの代表も務める。
2012/09/18
ゾンビMacを生成!Flashfakeの脅威

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ゾンビMacを生成!Flashfakeの脅威」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


Flashfake/ゾンビMacを生成!Flashfakeの脅威」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Flashfake」関連情報をランダムに表示しています。

Flashfake」関連の特集


 前回はFlashfakeの感染経路としてJREやFlash Playerがあることを解説した。今回…



 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの感染被害について触れた。第3回の本稿…



 「Mac OSはウイルスには無縁だ」。過去にはそんなことも言われたことがあることを記憶している。確…


「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。

「アンチウイルス」関連の特集


 最近報告された不正プログラムは、その使用目的に基づいて大きく2種類に分類できる。1つ目はコンピュー…



ファイアウオールもウイルスチェックツールも導入したのに感染するのはなぜか?今回はウイルス対策の基本的…



業務においてPCやスマホ、タブレットが活用されている。これは「エンドポイントセキュリティ」の重要性が…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005104


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ