キーマンズネットがSIer/ITベンダを紹介!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日: 2012/09/03

SIer/ITベンダ 紹介ナビ 投稿された課題を大公開!グループウェア編
親会社がExchange、sharepointへ移行する方針を出した。メールは、すでにExchangeへ移行済みであるが、メール以外は、親会社とは別に独自のものを持ちたい。周辺環境からするとsharepointが適切と思われるが、本当にそれでよいか提案頂きたい。
sharepointにした場合、既存のツールとどれくらい操作性が違うか知りたい。
また、他の選択肢も知りたい。
そろそろリプレースを考えており、当社にとってどのようなGWが良いのかを相談にのってくれるベンダがよい。良い所だけでなく、悪いところもきちっと伝えてくれるベンダと付き合っていきたい。
キーマンズネットの専任相談員が
実績豊富なSIer/ITベンダを紹介します。
海外の事業所を含めて、図面・文書共有、メール、スケジュールを中心に使っていきたい。
軌道にのれば、精算等のワークフロー機能と基幹システムとの連携も考えたい。
また、外国人もいるので最低でも英語への切替が欲しい。
社外からの利用は、VPN接続によって社内ネットワークに接続して利用しているが、各種手続きがあり、利用までに時間を要する、また、海外の一部地域でVPN接続ができない地域があり、国内だけで利用している。
グループグローバルを考慮すると、営業マンが社外で利用する際、スマートデバイスを利用したいという要望がある。
キーマンズネットの専任相談員が
技術力があるSIer/ITベンダを紹介します。
クラウドを利用開始した場合、仮に自社に再構築する際にデータを当社に戻せるのか不安です。一度クラウド利用するともう止める選択肢は無くなってしまうのでしょうか?
グループウェアと基幹システムとで、二重入力とならないよう連携したい。
現在は社内のみでの利用なので、自社内で運用している。今後、グループ会社間の情報共有化とワークフローの機能の充実を図りたいので、SaaSも視野に入れて検討している。
キーマンズネットの専任相談員が
信頼できるSIer/ITベンダを紹介します。
部署別が散発的に導入してしまい、全体を検討して調整することができなかった。  従って異なるシステムが並立することとなってしまっている。
要件を十分に満たすGWはなかなか見つからない。
カスタマイズが可能かどうかも選択のキーワードになるが維持費が高くなるなど悩みは多い。
現場からスマートフォン導入の要望があるが、セキュリティ面で不安があり全く準備が進んでいない。
キーマンズネットの専任相談員が
最新のIT知識のあるSIer/ITベンダを紹介します。
このページの先頭へ

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005097


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ