【第2回】使ってもらえる“スマホアプリ”の考え方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/01/07

大ヒットRettyに学ぶ!スマホアプリ開発極意

自己紹介
Retty株式会社 代表取締役 武田 和也
主な経歴
1983年生まれ。学生時代からECサイトを3店舗運営し、売上げを月商500万まで伸ばす。青山学院大学卒業後、2007年4月株式会社ネットエイジに入社。モバイル広告営業に従事。2009年末に退社後、1年…

【第2回】使ってもらえる“スマホアプリ”の考え方

 第1回に続いて、第2回では、アプリを作ったことがない方はもちろん、スマホアプリに興味をお持ちの方向けに使ってもらえるアプリの考え方を説明させていただきます。 “使ってもらえるアプリ”を開発するとき、考えるべき絶対外せない大切なポイントが3つあります。
 
●ユーザにどういう体験を提供したいのか(ユーザ体験)
●ユーザが体験を得るためのアクションを分解(アクション)
●ユーザにアクションしてもらうためには、どうわかりやすく伝えるか(ユーザインターフェース)

1

ユーザ体験

 ユーザ体験が出発点です。ユーザ体験とはそのサービスを使うことで得られる「価値」「メリット」と言い換えることが出来ます。第1回で紹介した「ユーザの抱えている課題」の解決策とも言えますが、このサービスの本質的な価値であるユーザ体験をまず最初に決める必要があります。Rettyの場合は、「友達や信頼できる人のオススメ店に行く」事がユーザ体験となります。Rettyとは、「日本最大級の“実名型”グルメサービス」で、facebookなどの実名の友人や信頼できる人のオススメのお店10万店から行きたいお店を探せるサービスです。(http://retty.me) 
  この「ユーザ体験」を見つける方法としては、
(1)徹底的なユーザ視点から「ニーズ」を考え、どういう体験があったら便利なのかを明確にする
(2)市場環境を踏まえて実現できるかを判断する
必要があります。

 (1)が全ての起点となり最も重要ですが、(2)が欠けていると実現できません。Rettyの場合、(1)私自身お店を探す時に、グルメサイトを使うよりも信頼できる上司や友達に聞いていた、私だけでなく大多数の人が「信頼できる友人のオススメが知りたい」というニーズを持っていた確信がありましたので「ユーザ体験」が明確になりました。
 (2)に関しては、2011年にはfacebookの普及に加えて、スマホの爆発的な普及が始まることを確信したため、上記の「ユーザ体験」を実現できる市場環境になっていく、と判断しました。どちらか一方が欠けてもダメです。

2

アクション

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アプリケーション開発/【第2回】使ってもらえる“スマホアプリ”の考え方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリケーション開発」関連情報をランダムに表示しています。

アプリケーション開発」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】
開発ツール 開発環境/BaaS IaaS/PaaS
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 「VMware環境をクラウドへ移行して」と言われたら、SIerに贈るクラウド活用法

アプリケーション開発」関連の特集


 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「…



 今回は、2012年版10大脅威の第2章について解説する。第2章は、2011年において社会的影響が大…



東北のIT企業に震災の教訓を学ぶシリーズ第二弾。今回のポイントは、安否確認における声の重要性と外部に…


アプリケーション開発」関連のセミナー

ソフトウェア品質向上セミナー 【テクマトリックス】  

開催日 10月10日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

近年のアプリケーション開発は、ソフトウェア開発の大規模化、開発期間の短縮化、さらにはモバイルデバイスを含むプラットフォームの多様化などにより、さまざまな困難に直…

実践!ソースコードのバグ検出とテスト自動化セミナー 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 9月28日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

近年のアプリケーション開発では、ますます短納期での開発が求められており、それを実現する手段として「自動化」を取り入れたいといったニーズやが多くなっています。そし…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アプリケーション開発/ 【第2回】使ってもらえる“スマホアプリ”の考え方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリケーション開発/ 【第2回】使ってもらえる“スマホアプリ”の考え方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005082


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ