【第1回】大ヒットアプリに学ぶスマホ開発の流れ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/12/25

大ヒットRettyに学ぶ!スマホアプリ開発極意

自己紹介
Retty株式会社 代表取締役 武田 和也
主な経歴
1983年生まれ。学生時代からECサイトを3店舗運営し、売上げを月商500万まで伸ばす。青山学院大学卒業後、2007年4月株式会社ネットエイジに入社。モバイル広告営業に従事。2009年末に退社後、1年…

【第1回】大ヒットアプリに学ぶスマホ開発の流れ

 皆さん、こんにちは。Retty株式会社 代表取締役の武田です。今回から「大ヒットアプリ“Retty”に学ぶ!スマホアプリ開発の極意」というテーマで、連載コラムを執筆させていただきます。 Rettyとは、「日本最大級の“実名型”グルメサービス」で、facebookなどの実名の友人や信頼できる人のオススメのお店から行きたいお店を探せるサービスです。現在、会員が約10万人、口コミが載ったオススメ店が10万店舗あり、美味しいお店が大好きな人向けのサービスです。(http://retty.me) 

  本連載ではRettyを開発した実体験を元に、スマホアプリに興味がある、開発をしてみたい…と思っている方向けに、その作り方や考え方をご紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

1

7つのステップを確認しよう!アプリケーション開発全体の流れ

 まずは全体の流れをご紹介しましょう。
 スマートフォンのアプリケーションを作成するには、次の手順で作業を進めていくのが一般的です。

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アプリケーション開発/【第1回】大ヒットアプリに学ぶスマホ開発の流れ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリケーション開発」関連情報をランダムに表示しています。

アプリケーション開発」関連の製品

信頼性の高い基幹系システム向け開発フレームワークで高速開発 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】
開発ツール システムインテグレーション 開発ツール
高速開発をクラウド化 基幹系システムにも採用される信頼性はどこから来るのか DevOpsの障壁となるレガシーインフラ コンポーザブルが現場を劇的に変える ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。

アプリケーション開発」関連の特集


国内市場は2019年に16兆円になるとも言われ、大注目のキーワードとなっているIoT。一方、ユーザ企…



携帯電話とスマートフォンの境界線ってどこ?市場規模は?…基礎からOSの賑わいみせるスマートフォン最新…



 前回述べたWebアプリケーション開発に関する市場の変化は、筆者が調べたかぎりソーシャルアプリケーシ…


アプリケーション開発」関連のセミナー

Delphiモバイルアプリケーション開発入門コース(大阪開催) 【ミガロ.】  

開催日 5月19日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 4万2120円(税込)

マルチデバイスアプリケーション開発ツールへと進化したDelphiを使って、iOS、Androidに対応可能なモバイル開発手法を習得いただくコースです。豊富な開発…

Delphiモバイルアプリケーション開発入門コース(東京開催) 【ミガロ.】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万2120円(税込)

マルチデバイスアプリケーション開発ツールへと進化したDelphiを使って、iOS、Androidに対応可能なモバイル開発手法を習得いただくコースです。豊富な開発…

このページの先頭へ

アプリケーション開発/ 【第1回】大ヒットアプリに学ぶスマホ開発の流れ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリケーション開発/ 【第1回】大ヒットアプリに学ぶスマホ開発の流れ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005079




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ