【第4回】自社構築と比較!クラウドのメリットとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/12/03

「クラウドコンピューティング」処世術を学ぶ

自己紹介
坂本 恒之 株式会社スマイルワークス 代表取締役社長
主な経歴
「Cloud Business Alliance(CBA)」:理事「中小企業支援SaaS利用促進コンソーシアム(SPCS)」:理事JIPDEC JCAN(企業向け電子証明書)普及促進委員会:委員長その…

【第4回】自社構築と比較!クラウドのメリットとは

 「クラウドコンピューティング」に対して、オフコン、クラサバ(クライアント・サーバ・システム)、パッケージ、という従来型のシステムを「オンプレミスシステム(英語で on-premises。情報システムを使用者自身が管理する設備内に導入、設置して運用すること)」と言います。蛇足ながらオンプレミス(自社内設置型)システムの歴史は非常に長く、クラウド以前のコンピュータシステムという意味で「オンプレミス」と総称されています。今回はその従来型の「オンプレミス」と「クラウド」を比較してそのメリット・デメリットを考察してみたいと思います。

1

オンプレミスvsクラウド!“コスト”メリットを考える

■オンプレミス(自社構築)の場合

 まずオンプレミスでは、目的のシステムを利用するために最低でもザッと以下のようなものを購入しなくてはなりません。もちろん目的のシステム要件などよって値段も構成も異なりますが、これまで実際に出てきた複数の案件を元に抽象化していますので基本的に大きく変わらないかと思われます。  

オンプレミスシステム構築で必要なもの

アプリケーションサーバ(CPU・メモリ・HDDのスペックとNIC・電源などの二重化)

データベースサーバ(同上)

バックアップサーバ(バックアップはDVD等のメディアを使用することがある)

OS(Windows Serverなどのサーバ用OSのライセンス)

DBMS(OracleやSQL ServerなどのDBのライセンス)

アプリケーション(パッケージ或いは個別開発)

バックアップソフト(自動バックアップするためのソフトウェア)

UPS(無停電電源装置+ソフト)

HUBなどのネットワーク機器(各々二重化するために2倍以上必要)

※その他、電気料金・空調費用・入退室管理設備費用などが必要 

 これらを揃えるだけでも相当な費用となりますが、各々の機器などに障害が発生した場合でも利用を継続できるようにするためには「クラスタリング」などの冗長化(二重化)構成で構築する必要があります。そのため上記費用は一般的に2倍以上となり、更にサーバ等のハードウェアの故障は基本的に避けられず、またOSやDMBSやアプリケーションも常にセキュリティパッチ(修正プログラム)などが頻繁にリリースされますので保守契約が不可欠となります。
 従いましてハードウェア、ソフトウェアなど何れも継続的に保守費用が掛かります。またこれからの製品は毎年ドンドン新しくなるため約5年程度で「EOS(End of Support 保守切れ)」となる可能性を予め想定しておく必要があります。つまりオンプレミスでは少なくても導入構築費用以外に毎年の保守費用を支払いつつ、最低でも5年に1回はシステム再構築/リニューアルをする必要があることを想定しなければなりません。この手の耐用年数やリース契約に5年契約が多いのはそのような理由からです。  

■クラウドの場合

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

クラウド/【第4回】自社構築と比較!クラウドのメリットとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウド」関連情報をランダムに表示しています。

クラウド」関連の製品

超高速データ分析専用データベース Vertica 【アシスト】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
DWH EAI バックアップツール
大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。 ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

クラウド」関連の特集


90名企業のシステム担当と物流管理を1人で兼任する中、持ち上がってきたのは全社システムの更新作業でし…



社内SNSを導入する際、SNSは皆プライベートで使い慣れているから大丈夫だろうと思い込んでいませんか…



グループウェアはクラウド移行への手始めとして最適かもしれない。しかし、企業におけるグループウェアの利…


クラウド」関連のセミナー

ID Management Conference 2017 東京 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 9月27日(水)〜9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウド・モバイル時代にどのようにID・パスワードの管理すべきかを徹底検証!オンプレミスからクラウド・IoTまで、セキュアなID管理環境を保つための最適解をセミ…

シスコの爆速堅牢なハイパーコンバージドインフラご紹介セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 今現在のインフラ基盤は物理から仮想化へ移行し、サーバ仮想化統合やVDI、プライベートクラウドへと発展してきました。しかし、ストレージリソースの容量やパフォーマ…

AWSが選ばれている“理由”と選んだ企業の“生の声” 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

AWSスターターを対象に導入のキホンを分かりやすく紹介し好評の本セミナー。AWSがダントツの理由やAWSの最新トピックは?などについて直接聞くことができるチャン…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド/ 【第4回】自社構築と比較!クラウドのメリットとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド/ 【第4回】自社構築と比較!クラウドのメリットとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005069


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ