【第6回】価格を上げたい企業と下げたい顧客の矛盾

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/11/12

ビジネスの矛盾解決!TRIZ活用術を知っている?

自己紹介
NBIコンサルティング株式会社 代表取締役社長 本田 秀行
主な経歴
大手IT系企業でSEとして多数のシステム開発を経験後、2006年にITコーディネータとして独立。2010年にNBIコンサルティング株式会社設立。代表取締役社長に就任。自治体や民間企業等、ITコーディネ…

【第6回】価格を上げたい企業と下げたい顧客の矛盾

1

売上がなければビジネスを継続できない

 このコラムを読んでいる方の中には、会社で仕事をしている方も、自営業の方もいらっしゃると思いますが、「売上がないと今やっている仕事が存続できない」という人が多いと思います(中には、利益を目的としていない組織などで働いている人もいらっしゃいますが)。
 一般的に事業活動を行うときには、どこかから収入を得て、そこから事業に必要な経費を差し引いた利益を次の事業活動に回すことによって事業を継続していきます。ところが、昨今の景気状況の悪化や、中国などを始めとする安い海外製品の進出などによって、お客様からは低価格を要求されることも少なくありません。
 価格を下げて欲しいという要望に応えていると、当然、売上が下がり、それにともなって得られる利益も下がってきますから、そのうち事業が続けられなくなってしまいます。つまり、会社の立場からすると「逆に価格を上げたい」という要望が出てくるわけです。 ここでも、製品やサービスを売る立場と買う立場の違いによって、矛盾が生じてしまっています。

2

お客様が商品を買うための“制約条件”とは?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

TRIZ/【第6回】価格を上げたい企業と下げたい顧客の矛盾」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「TRIZ」関連情報をランダムに表示しています。

TRIZ」関連の特集


 前回までは、TRIZの「40の発明原理」を使ってビジネスの矛盾を解決してきました。 実は、ビジネス…



 前回はTRIZの発明原理を使って、組織や社員の問題を解決してみました。 ところで、会社などで仕事を…



 皆様も日々の仕事の中で色々な問題に直面することがあると思います。例えば、お客様から値引きの要求をさ…


このページの先頭へ

TRIZ/ 【第6回】価格を上げたい企業と下げたい顧客の矛盾」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「TRIZ/ 【第6回】価格を上げたい企業と下げたい顧客の矛盾」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005059




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ