【第5回】迫るXPの終焉、今こそ飛躍の時(後編)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/08/20

ハードの進化に注目!賢いクラウド活用への近道

自己紹介
株式会社ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上 由高
主な経歴
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面…

【第5回】迫るXPの終焉、今こそ飛躍の時(後編)

 前回は中小企業が抱えるPC管理課題を振り返り、新たなPC管理の形態として「デスクトップ仮想化」というものがあることを述べました。今回はこの「デスクトップ仮想化」について詳しく触れていきます。

1

仮想化とは何か?

 まず、「仮想化とは何か?」について見ていきましょう。以下の図は通常のPCにおけるOSやアプリケーションの位置付けを示したものです。

 パソコンAで作成したファイルはパソコンBにコピーすれば全く問題なく閲覧や編集をすることができます。ですが、OSやアプリケーションはパソコンのハードウェアと密接に結びついていて、パソコンAからパソコンBに簡単にコピーすることはできません。OSもアプリケーションも「インストール」という作業が必要であり、一旦インストールされたOSやアプリケーションは上図のようにパソコンのハードウェアと密接に結びついているのです。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

デスクトップ仮想化/【第5回】迫るXPの終焉、今こそ飛躍の時(後編)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

デスクトップ仮想化」関連の製品

PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】
ADC/ロードバランサ VDI 運用系業務アウトソーシング
PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 情シスには必要不可欠な"ITパートナー選び" 条件ベスト10を公開

デスクトップ仮想化」関連の特集


実はROIが高く業務活用に適しているデスクトップ仮想化。業務にあった“方式”を選択できればコスト高に…



モバイルデバイスの長所を活用しつつ、情報漏えいを防ぐための企業ポリシーを踏襲し、セキュリティレベル保…



Windows XPやWindows Server 2003のサポート終了に続き、2016年1月にや…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/ 【第5回】迫るXPの終焉、今こそ飛躍の時(後編)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デスクトップ仮想化/ 【第5回】迫るXPの終焉、今こそ飛躍の時(後編)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005028


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ