CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    船越 洋明
    Hiroaki Funakoshi
    NRIセキュアテクノロジーズ セキュリティソフトウェア事業本部
    CISSP、中小企業診断士。NRIセキュア製品の事業責任者及びプロダクトマーケティングを担当。各種ベンダとのアライアンスの推進も行っている。
2012/07/31
CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


メール誤送信/CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert 【エアー】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールアーカイブ メールセキュリティ
社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。 Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

メール誤送信」関連の特集


モバイルPCを使いこなす社員が増え、情報を手軽に活用できるようになる一方で、個人情報の漏洩などが相次…



 前回の第2回は、メール誤送信の定義と種類、対策の目的についてお話しました。今回は歴史と関連する法令…



外部からの攻撃ばかりでなく、内部での情報の不正利用を防ぐ情報漏洩対策が重要視されている。そこで注目し…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005009


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ