CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    船越 洋明
    Hiroaki Funakoshi
    NRIセキュアテクノロジーズ セキュリティソフトウェア事業本部
    CISSP、中小企業診断士。NRIセキュア製品の事業責任者及びプロダクトマーケティングを担当。各種ベンダとのアライアンスの推進も行っている。
2012/07/31
CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


メール誤送信/CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】 Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】
メールセキュリティ EIP メールセキュリティ
・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

メール誤送信」関連の特集


メールを取り巻く脅威から企業を守る、メールフィルタリングツール。今回は、脅威を整理しながら、その最新…



前回、前々回と特に発生頻度の多いトピック毎に事例、及び対策を述べた。今回は最終回として、これまでの実…



モバイルPCを使いこなす社員が増え、情報を手軽に活用できるようになる一方で、個人情報の漏洩などが相次…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005009


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ