CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    船越 洋明
    Hiroaki Funakoshi
    NRIセキュアテクノロジーズ セキュリティソフトウェア事業本部
    CISSP、中小企業診断士。NRIセキュア製品の事業責任者及びプロダクトマーケティングを担当。各種ベンダとのアライアンスの推進も行っている。
2012/07/31
CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


メール誤送信/CL型メール誤送信対策導入の注意点と事例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」 【クオリティア】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールアーカイブ
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、G Suite、Office 365にも対応
G Suite、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

メール誤送信」関連の特集


 前回までは、メール誤送信事故や対策の現状を取り上げたが、第3回の今回は、より効果的な対策を可能にす…



62億5000万円規模と見込まれる2013年度の国内メールフィルタリングツール市場。シェア53.6%…



情報漏洩の大きな原因の1つ、メールの誤送信。ウッカリミスが公的な場での謝罪や補償問題にもなりかねない…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005009


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ