この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    船越 洋明
    Hiroaki Funakoshi
    NRIセキュアテクノロジーズ セキュリティソフトウェア事業本部
    CISSP、中小企業診断士。NRIセキュア製品の事業責任者及びプロダクトマーケティングを担当。各種ベンダとのアライアンスの推進も行っている。
2012/07/24
メール誤送信対策のポイント

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「メール誤送信対策のポイント」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


メール誤送信/メール誤送信対策のポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】
メールセキュリティ EIP メールアーカイブ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

メール誤送信」関連の特集


373名を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査。前編では「情報漏洩状況」「メール誤送信状況…



社員のセキュリティ意識とリテラシの不足をどう埋めていけるのか?セキュリティリテラシを向上させる様々な…



 昨今、「メール誤送信事故を起こしてしまい、(ご迷惑をおかけした)相手の企業へお詫びに行った際、『今…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005008


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ