未来予測ができるなら…「株価」と「自然現象」どちらが多い!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/07/18

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

溜まった有休20日間、問題なく消化できるなら?

 溜まった20日もの有休を消化するなら「1回にまとめて消化」と答えた人は28%、「複数回に分けて消化」と答えた人は72%と、なかなか差の開く結果に。「まとめて消化」派の中では、実際に長期有休を消化できている人と、消化してみたいが“実際には無理”という人に別れているようだ。無理な理由は「仕事からの長期間離脱が不可能」、「上司の許可を得るのが難しい」という声が多い。また、「長期休暇後に仕事をするカラダに戻すのが大変」という声も…。「分けて消化」派の人は、短く何度も休むとリフレッシュできる利点を挙げている。しかし、“取れるものなら長期で取りたい”というコメントも散見し、心の奥底では長期で消化したい思いがあるようだ。

【「1回にまとめて消化」派のコメント】

労働者の権利を使わないのは馬鹿らしいし、せっかく休めるなら「えいやっ!」と、まとめて休みます。(30代・男性)

1回にまとめて取るのは、今の仕事を部下に任せ引き継ぐ為です。休み明けは新たな仕事に挑戦できる機会が出てきます。(60代・男性)

企画の本で読んだのですが、とある会社では周囲の迷惑を顧みずに休暇を取ることを「ダイナマイト休暇」と呼ぶそうです。自社でも普及させたい。(20代・女性)

取ろうと思えば取られるが何かと神経質になってしまう。制度としてリフレッシュ休暇取得強化期間など会社の積極的なサポートが重要だと思う。(50代・男性)

1週間以上の休暇には、相応の社会復帰の時間が必要。20日休めるとすると、終わりの5日位はアイドリングタイムか?(40代・男性)

1週間でも1ヵ月でも、職場復帰の苦労は一緒。だったら1度で済ませたい。(40代・男性)

1回なら、休暇願も1回で済みます。有休20日なら、1ヵ月の長期休暇になるので、気候の良い海外で読書三昧したいです。(50代・女性)

1度長期休暇を取得した。申請時は何も言われなかったが、取得後の出勤時、常識はずれと上司からクソミソに言われた。トホホ…。(50代・男性)

休暇とはリフレッシュすることと定義しています。年1回は、最低1週間程度、海外で過ごすことにしています。その年の目標設定時に併せて休暇計画を提出しているので職場の理解も得ています。(50代・男性)

一気にまとめて取得しても、何も変わらず業務が進行していくとしたら、私の存在価値は?(40代・男性)


【「複数回に分けて消化」派のコメント】

水曜か木曜に休みを取るのが好きです。毎週中間に休み1日入ると気分がめっちゃ楽。(40代・男性)

あまりまとめて有休をとっても、やることがなく家でだらっとしてしまう。(50代・男性)

週末を絡ませてミニトリップを繰り返す。(50代・男性)

まとめて取ると自分の首を絞めてしまう気が…。(20代・女性)

20日間(+土日)も休んだら、次に出社する1週間に耐えられないと思います。(30代・男性)

悲しいかな、休日の方がお金を散財してしまう…。(50代・男性)

長期休暇を取ると、そのまま退職扱いになりそうで怖いです。(50代・男性)

本当は1回で消化したいが、会社というか“上司”が許さないと思う。あ、あと、奥さんの顔色も伺わないと…。(50代・男性)

野良仕事を趣味としておりますので、年に数回に分けた方が何かと都合がよろしいかと。加えて、1度に20日間、カミさんと顔を合わせ続けるのは、あっちが耐えられないかと。こっちもですが…。(50代・男性)

1回にまとめて有休消化なんてやったことないので、20日間何をして過ごせば良いかも想像できません。(50代・男性)

山のように社内メールがくるのでメールBOX上限にならないように休みでもネット環境がある場合は見なければならない。ネット環境のないとこに行くのが難しい時代ですね。(40代・男性)



膨大な情報から未来を分析!1つだけ予測できるなら?

 “未来予想”ができるなら「自然現象」という人が54%、「株価」という人は46%という結果に。「自然現象」派の多くは、災害を予測することで人命を救うことができると考えている。また「天気予報を高精度で予測できればビジネスになる」「1部の株価は天気と連動しているから自然現象を知れば株でも儲かる」というコメントもあり、なるほどと思わされた。対する「株価」派の多くはもちろん「金になるから」という理由を挙げたが、中には「自然現象を予測できても回避できなければ意味がない、だから株価を選択」というコメントも。確かにそうかもしれないが、一方で「金があれば自然の脅威にも対抗できる!」という頼もしいコメントもあった。

【「自然現象」派のコメント】

株価も気になったが、やはり自然現象の方が危機回避の観点で気になる。(50代・男性)

私利私欲に走りたいのが本音かもしれないが、よくよく考えれば自然災害で悲しむ人が出るのを防げるとしたら、それを選ぶと思う。(50代・男性)

人がなす株価とは違って、自然は偉大だ。(50代・男性)

株で儲けるだけの資金もありませんから…。大きな自然災害を予測して1人でも多くの方の命を助けることができれば、と思います。(50代・男性)

株価が予測できても元手がないので。(40代・男性)

自然現象が予測できれば、関連株も予測できるのでは?(30代・女性)

精度が高い天気予報ができれば、大きなビジネスチャンスになるでしょう。(30代・男性)

株価は人の意思が介在するので読めない。自然現象が正確に予測できるなら、予報として金になる。(40代・男性)


【「株価」派のコメント】

持株会ですっかり赤字になっている分を売り抜けるタイミングがぜひとも知りたい。(40代・男性)

自然の力は強大です。立ち向かうのは無理。“明日、大地震が起きて日本列島が断裂します”とか知っても怖いので、株価がいいです。(20代・女性)

自然現象はわかったところでどうしようもない。だったら株で儲けた金で自然現象から身を守る…こともなく使ってしまうのかなあ。(50代・男性)

やはり先立つ物を確実に手に入れてから色々やってみたいので。(30代・男性)

お金があれば自然現象に対応できる!ハズ。(40代・男性)

広範囲に起こる自然災害があり、それから逃げられないとしたら…知ることでむしろ辛くなる気がします。そんな小心者な私は株価のほうが良いです。(30代・男性)

勝敗の決まった壮大なマネーゲームをしてみたい。(30代・女性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2012年 6月21日〜2012年6月27日にかけて実施した「膨大」に関するアンケート(有効回答数:607)より抜粋して構成。


最新特集

「犯人はお前だ!」 iPhoneヘルスケアアプリの意外な使われ方 【金曜Black★ピット】 2018/01/19

事件解決には証言と動かぬ証拠が必要だ。ドイツで発生した殺人事件の裁判で被告すら気付かなかったデータが注目されている。

「インテル製CPUのメルトダウン」の本当のところ 【金曜Black★ピット】 2018/01/12

「インテル製CPUに深刻な欠陥が発見された」。2018年が明けて早々、こんなニュースが世界を駆け巡った。果たして真相は?

iPhoneにこっそり仕込まれた「最高の体験」のための最悪な機能 【金曜Black★ピット】 2018/01/05

「古くなったiPhoneは、動作が遅くなる何かが仕込まれているのでは?」という疑惑が持ち上がった。Appleの正式回答は…

オランダの対ドローン特殊部隊が解散の理由 【金曜Black★ピット】 2017/12/22

不審ドローン対策の多くは妨害電波を用いるが、オランダ警察は一味違った。アレを使った特殊訓練を積んでいたのだが……。

これもフェイク、ロンドンで最も行きたいレストランは一体どこ? 【金曜Black★ピット】 2017/12/15

大手口コミサイトがだまされた。「ロンドンで最も行きたいレストラン1位」はどのように生まれたのか?

0.5秒で「二階から目薬」も実現可能? 目薬専用ロボット 【金曜Black★ピット】 2017/12/08

いつまでたっても目薬を差すことが苦手だという人に朗報か。座っているだけで確実に目薬を差してくれるロボットが誕生した。




膨大/未来予測ができるなら…「株価」と「自然現象」どちらが多い!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「膨大」関連情報をランダムに表示しています。

膨大」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】
文書管理 サーバー管理 IaaS/PaaS
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 事例:ファイルサーバに何でも入れてそのまま放置……そんな窮地をどう救った? パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。

膨大」関連の特集


経済産業省の中小企業IT経営力ポータルによると、IT投資マインドランキングでは、日本は調査対象国の中…



悪質パケットが飛び交うネット社会のありさまをリアルタイムに観測!対サイバー攻撃アラートシステム「DA…



会議のために2人で半日かかっていた膨大な資料準備が、モバイル会議の導入で数分で可能に。コストも作業時…


膨大」関連のセミナー

Splunkハンズオンセミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 2月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化、マルチデバイスによるアプリケーション提供手法の多様化、IoTやM2Mデータの活用によるビジネス価値の創出など、ITシステムから…

Splunkを活用したインシデントレスポンス対策セミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 4月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、官民問わず、サイバー攻撃を未然に防ぐ対策、ならびにインシデントが起きてしまったときの迅速な初動対処を実施する“具体的”な組織づくりや対策が求められています…

Splunkハンズオンセミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 3月27日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化、マルチデバイスによるアプリケーション提供手法の多様化、IoTやM2Mデータの活用によるビジネス価値の創出など、ITシステムから…

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004988



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ