この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ブレードPC型シンクライアント

2012/07/31


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ブレードPC型シンクライアント基盤のシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、ブレードPC型シンクライアント基盤市場は、2011年度の出荷金額で前年対比12.3%増の13億7000万円が見込まれている。
 一般的に、全社導入を仮定すると、SBC型などと比較してコストがかかると言われているが、現在では、一般的な業務を行うユーザはSBC型または仮想デスクトップ型の基盤を利用し、それ以外で重い処理をPCで行う必要がある際など、物理的な独立した環境が必要なユーザはブレードPCを使うといった、シンクライアントの役割分担が進んでいる。
  2011年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日立製作所が77.4%を獲得し1位になると見込まれている。日立製作所は、2009年1月にブレードPCとCitrix製品を混在して利用できる「セキュアクライアントソリューション統合型」を製品化した。また、同年5月には、42U(1U=高さ44.45mm)/ラック1台あたり最大320台のブレードを搭載することが可能で、データセンタなどでの設置面積の低減と効率的な集約管理が行えるようになった最新モデル「FLORA bd500」の販売も開始した。情報の物理的な外部流出を防ぐソリューションとして、高セキュリティ性を求められる金融業を中心に導入を増やしている。
 日本ヒューレット・パッカードは、ブレードPCから仮想デスクトップ型に注力ソリューションを移行しており、22.6%で2位になるとみられている。

ブレードPC型シンクライアント基盤シェア

ブレードPC型シンクライアント基盤シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレード/「ブレードPC」シェア 」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレード」関連情報をランダムに表示しています。

ブレード」関連の製品

1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】
VDI
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。

ブレード」関連の特集


2007年国内市場規模は、数量ベースで前年比2.7%増の58万台、金額ベースでは6.1%増の350億…



基本機能から暗号の2010年問題への対応、クラウドを見据えた仮想化戦略まで、「L7スイッチ」の全貌を…



今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレード/ 「ブレードPC」シェア 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレード/ 「ブレードPC」シェア 」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004972


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ