この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向

2012/07/19


 顧客満足度を向上させるために、「CRM」を導入している企業は少なくない。しかし、キーマンズネットユーザアンケートでは、「CRMは導入しても使われていない」、「利用はしても成果が出せるほど活用できていない」といった課題の声も聞かれる。ビジネスの最優先課題とも言えるCRMについて、企業のマーケティング戦略、営業戦略に生かすためには、システム部門ではどういった点に注意しながら製品を選べばいいのか、最新状況を概観しながらCRM市場の今後を解説する。

CRM

※「CRM/SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CRM/SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

甲元 宏明

シニア・アナリスト 甲元 宏明(Hiroaki Kohmoto)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #055

 大阪大学大学院工学研究科を修了後、三菱マテリアルにおいて、モデリング/アジャイル開発によるSCM構築、CRM・ECなどのシステム開発、各種ネットワーク系プロジェクト、グループ全体のIT戦略立案を主導。2007年より現職。 現在は、クラウド・コンピューティング、ITアーキテクチャ、開発言語/方法論、ネットワーク、CRMなどを担当し、製品選定、再構築、導入などのプロジェクトを数多く手がけるとともに、ユーザ企業のITアーキテクチャ設計や、ITベンダの事業戦略などのコンサルティングにも取り組んでいる。



1

CRM市場の現状

  CRM(Customer Relationship Management)は、顧客と企業との関係をマネジメントするという活動領域であるため、その対象とする業務は広範囲にわたる。CRMの基本は、詳細な顧客データベースを基に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現することにある。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化を図ることを目的としている。
  ITRにおけるCRMの対象領域は下記の4つである。

■コンタクトセンタ

 コンタクトセンタを支援する製品で、次の3分野が含まれる。

WFM(Workforce Management)

オペレータ稼働状況分析や最適配置計画を支援する製品。

モニタリング評価

オペレータ業務および対応品質を評価する製品。

コンタクトセンタ支援

コンタクトセンタの業務全般を支援する製品で、マルチチャネル(電話、メール、Faxなど)での問い合わせ管理や対応状況管理などの機能が含まれる。

  PBX、CTI、IVR(Interactive Voice Response)、ACD(Automatic Call Distribution)などの音声系単独製品や、関連するミドルウェアは原則除外している。  

■SFA/SFE(Sales Force Automation/Sales Force Effectiveness)

 営業活動を支援する製品で、顧客情報管理、案件管理、コンタクト履歴管理、営業活動管理、業績管理、販売チャネル管理などの機能が含まれる。受注管理は除外している。

■マーケティング

 マーケティング活動を支援する製品で、次の3分野が含まれる。

メール送信

メール一斉配信を行う製品。

メール処理

メールの受信から返信までの一連の業務を支援する製品。

マーケティング管理

マーケティング活動全般を支援する製品で、マーケティング・プランニング、見込客管理、カタログ管理、パーソナライゼーション、キャンペーン管理、イベント管理などの機能が含まれる。

■フィールドサービス

 フィールドサービス業務を支援する製品。スケジュール/活動管理、活動可視化、部品発注管理、SLA管理・契約管理などの機能が含まれる。  

1-1

SaaSモデルが牽引!2015年度で約300億円の市場に

  CRMは特に目新しいテーマではないが、着実にその市場規模を拡大している(図1)。

図1 CRM市場:市場規模推移及び予測:提供形態別(出荷金額)
図1 CRM市場:市場規模推移及び予測:提供形態別(出荷金額)
出典:ITR「ITR Market View: CRM市場2012」(2012年2月)

 市場全体としてはCAGR(Compound Annual Growth Rate:年平均成長率)(2010〜2015年度)で9.6%という比較的高い伸びを達成し、2015年度で約300億円の市場になるとITRでは予測している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
ERP グループウェア CRM
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

CRM」関連の特集


2016年は40億円を超えた名刺管理ツール市場。16社が当該製品のリリースを行う中、圧倒的なシェア率…



ワークスタイル変革ではコミュニケーション面での対策が必須と考える企業が多い。いかなるインフラやツール…



 前回の人脈の重要性を受けて、今回は、どのようにすれば人脈を作るとができるか?について述べてみたいと…


CRM」関連のセミナー

長期的関係を築くエンゲージメントマーケティングとMAの実践知 【マルケト/ランドスケイプ】  

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

受注率/案件化率の改善。そろそろやめませんか?貴社では日々受注率/案件化率の改善に取り組んでいらっしゃることでしょう。 しかし、改善には「限界がある」ことを忘れ…

中小企業のビジネス課題解決 3つのポイント 【ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 5月23日(火),5月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「売上向上のために新規に販路拡大が必要」「優秀な営業人材を確保できない」「営業経験や人脈が経営者にしかない」など、経済規模が縮小し続ける今日、日本の中小企業が直…

【IT業界向け】MAを活用した顧客獲得・維持マーケティング 【マルケト】 締切間近 

開催日 6月2日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

IT関連製品・サービスなどを提供するIT事業者の方に向けたセミナーを開催いたします。ITサービス業界は市場が拡大し続ける一方で、サービスの乱立・低価格化による新…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CRM/ SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ SaaSモデルは更に拡大!CRM最新動向」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30004934


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ