この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

仮想デスクトップ

2012/06/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、仮想デスクトップのシェア情報をご紹介しよう。

※「仮想デスクトップ/「仮想デスクトップ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「仮想デスクトップ/「仮想デスクトップ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

仮想デスクトップの基礎解説・選び方へ

 ミック経済研究所の調べによれば、仮想デスクトップ型シンクライアント基盤市場は、2011年度の出荷金額が前年対比37.0%増の92億9000万円と見込まれている。
 仮想化を利用してサーバの統合を行ったユーザで、その仮想化の成功体験を踏まえ、デスクトップ環境の集約化も検討するユーザが多い。また、現在サーバの統合を検討しているユーザでは、デスクトップ環境も同じタイミングで集約化を検討するケースが多く、サーバ統合/仮想化が浸透するにつれて、仮想デスクトップも更に浸透していくと予想されている。
 2011年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、2008年に「XenDesktop」を市場に投入し、デスクトップ仮想化を推進してきたシトリックス・システムズ・ジャパンが42.2%を獲得し1位になると見込まれている。現在はSBC型の「XenApp」の機能を、上位ライセンスである「XenDesktop Enterprise Edition」以上で統合して、「XenApp」の既存ユーザを「XenDesktop」に切り替える施策を打っている。同様に、ネットワークブート型の「Provisioning Server for Desktops」の機能も「XenDesktop Enterprise Edition」以上で統合していることから、更に売上拡大が期待される。
 2番手には、サーバ仮想化製品をいち早く提供し、仮想デスクトップの基盤としても豊富な利用実績を誇っているヴイエムウェアが34.8%で続くと予想されている。

仮想デスクトップシェア

仮想デスクトップシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

仮想デスクトップ/「仮想デスクトップ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「仮想デスクトップ」関連情報をランダムに表示しています。

仮想デスクトップ」関連の製品

導入検討で実際に体験もできるハイパーコンバージドインフラ 【レノボ・ジャパン株式会社】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】
ストレージ仮想化 VDI シンクライアント
仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法 あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。

仮想デスクトップ」関連の特集


セキュリティ強化やBCP対策としても注目度の高い「デスクトップ仮想化」。今回は、最新事情に加えありが…



VMwareが目指すビジネスモビリティ



Oracle DBやVMなどのライセンス管理、しっかりできていますか? 煩雑化しがちなサーバ仮想環境…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想デスクトップ/ 「仮想デスクトップ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想デスクトップ/ 「仮想デスクトップ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004929


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ