【第5回】農業×IT!直接届けるマーケティング手法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/06/25

今、注目の“熊本県”から学ぶ中小企業のIT活用

自己紹介
アイティ経営研究所 代表 中尾 克代(ITコーディネータ)
主な経歴
熊本県庁を経て、学校法人副校長、電子機器メーカーの品質管理部門、ISO事務局を経験後、ISO品質・環境・情報セキュリティ等の審査員資格を取得し、(財)くまもとテクノ産業財団の登録専門家としてIT導入支…

【第5回】農業×IT!直接届けるマーケティング手法

 前回に引き続き、新しい農業のビジネス化へのチャレンジである熊本県の「合志あぐっと村」が、2011年熊本県の新しい公共事業の助成金を得たことをきっかけに取り組み始めた“マーケティングの3つのステップ”について、その詳細をご紹介させていただきます。
「農業×IT」をいかに成功させたのか、そのノウハウをお伝えできればと思います。

1

【ステップ1】「知る」こと

 急場にできあがったフリーなプロジェクトを開始する場合によくあるのは、「メンバー同士のコミュニケーション不足」による不満のぶつかりあいです。農家同士、毎日顔を合わせていても、意外に他人が何をしているか知らない場合が多いものです。
  まずは、メンバーのことを「知る」作業から開始することにしました。住民ディレクター講座では、農家自身がディレクターとなり身近な祭りや、イベント、即売会などのビデオ撮影を行い、自ら編集し、ケーブルテレビで放映していきながら、自ら地域にすむ住民ディレクターとして成長していくというコースが開設されました。
 セルフブランディング講座は、「ロケットピッチ」(1分間で言いたいことを伝える)というプレゼン手法を用いています。自分が誰で、何をしており、消費者に何を提供できるのか?というポイントをしぼりこむことで「自分自身を知る」という究極のブランディング講座です。自分たちだけでプレゼンしてももったいないので、セルフブランディング講座の最終日は、福岡市天神のど真ん中で、BIZBARというプレゼン大会に参加した上、USTREAMという動画配信のツールを使い世界に向けて配信を行いました。福岡の異業種メンバーとのリアルな交流ができたことで「合志あぐっと村」の認知度は確実にあがりました。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT活用/【第5回】農業×IT!直接届けるマーケティング手法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT活用」関連情報をランダムに表示しています。

IT活用」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

IT活用」関連の特集


 前回のコラムでは、シクミを「やるべきことの意識づけ策」、シカケを「やるべきことの動機づけ策」と定義…



請求書の引継ぎ漏れで未請求案件も…大きな課題があった見積・請求のクラウド化で、営業が本来の仕事に集中…



担当者任せ…社内の情報共有不足で顧客を困らせていた過去。顧客満足度を上げるため目指した姿は「ピザ屋の…


IT活用」関連のセミナー

IT活用による業務効率化 × 弁護士が教える企業秘密漏洩対策 【スターティア/ChatWork/ファースト法律事務所】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みのある経営者、経営幹部、営業部、情報システム部の方は、ぜひ受講をおすすめします!】・社内の業務を効率化しようと思うが、何から手をつけたらいいのかわ…

このページの先頭へ

IT活用/ 【第5回】農業×IT!直接届けるマーケティング手法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT活用/ 【第5回】農業×IT!直接届けるマーケティング手法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004915




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ