【第4回】農家の“生き残り”をかけたブランド戦略

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/06/18

今、注目の“熊本県”から学ぶ中小企業のIT活用

自己紹介
アイティ経営研究所 代表 中尾 克代(ITコーディネータ)
主な経歴
熊本県庁を経て、学校法人副校長、電子機器メーカーの品質管理部門、ISO事務局を経験後、ISO品質・環境・情報セキュリティ等の審査員資格を取得し、(財)くまもとテクノ産業財団の登録専門家としてIT導入支…

【第4回】農家の“生き残り”をかけたブランド戦略

1

合志あぐっと村設立の経緯

 熊本県合志市は、県中北部に位置し、2006年2月27日に菊池郡合志町と西合志町が合併して誕生しました。広大な農地が広がる県内有数の穀倉地帯であり、南西部はベッドタウンとして人口は増加傾向にあります。「平凡な田園都市、何も特長がないのが特長」である農家にとっては、農産物の生産高は県内第2位の地位にありながら認知度が低くブランド化がしにくいというのが悩みでした。
 しかし、安穏とはしていられません。TPPの問題がせまってきているからです。ただ反対というだけではらちがあかないでしょう。「直接お客様に自分たちが作ったものを食べてもらいたい」「そして現場のことを知ってもらいたい」という問題意識をもった現役のスイカ農家4名を中心に、2010年、行政、企業、NPOが集まりました。「食と農」をキーワードにふるさと合志を愛し、合志に誇りを抱く仲間=「合志あぐっと村」の誕生です。
 あぐっととは、農業(Agri)+人(hito)=あぐっとの造語です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT活用/【第4回】農家の“生き残り”をかけたブランド戦略」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT活用」関連情報をランダムに表示しています。

IT活用」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

IT活用」関連の特集


 経営者がIT推進者(IT担当者)に求めている役割は、社内システムを回すための運用管理、ITベンダと…



「コストパフォーマンスの良いPOSに刷新したい…」サポートやコスト面で不満を持っていた従来の新POS…



成長鈍化が著しい国内市場から海外へ打って出たい!そんな時こそ検討すべき、ITインフラ整備に向けた“4…


IT活用」関連のセミナー

IT活用による業務効率化 × 弁護士が教える企業秘密漏洩対策 【スターティア/ChatWork/ファースト法律事務所】  

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みのある経営者、経営幹部、営業部、情報システム部の方は、ぜひ受講をおすすめします!】・社内の業務を効率化しようと思うが、何から手をつけたらいいのかわ…

このページの先頭へ

IT活用/ 【第4回】農家の“生き残り”をかけたブランド戦略」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT活用/ 【第4回】農家の“生き残り”をかけたブランド戦略」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004913




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ