【第3回】ルーチン業務をフレーム化する

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/06/04

クラウド時代のプロジェクトリーダー仕事術

自己紹介
サイボウズ株式会社 栗山 圭太
主な経歴
2003年サイボウズ入社、パートナー営業、大阪営業所長、グループ会社の取締役を経て2010年より「サイボウズOffice 9」、2011年より「サイボウズOffice on cybozu.com」プロ…

【第3回】ルーチン業務をフレーム化する

1

ルーチン業務を見極める

 まずリーダーが行うべきはクリエイティブな業務とルーチン業務の仕分けです。どの仕事がクリエイティブで、どの仕事がルーチンかは、システム導入を担当する部門では判断がつきません。この判断をつけることができるのはリーダーということになります。現場を熟知するリーダーだからこそ、効率化すべきルーチン業務の洗い出しが可能です。
 さて、ルーチン業務を洗い出したら、次は実際にシステムを利用して効率化を目指します。ルーチン業務は繰り返し行われる定型業務であることが大半になるはずです。この繰り返し行われる定型業務はシステムの最も得意とするところです。  

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

プロジェクトリーダー/【第3回】ルーチン業務をフレーム化する」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクトリーダー」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクトリーダー」関連の製品

FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 超高速開発ソリューションという“武器”を手にした組織はどのように変わるのか 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】
販売管理システム 開発環境/BaaS 勤怠管理システム
プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 超高速開発ソリューションという“武器”を手にした組織はどのように変わるのか プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。

プロジェクトリーダー」関連の特集


BCP観点で注目される「在宅勤務」。東日本大震災で在宅勤務を導入してみた経験から、5人の経営者がその…



 前回は、会議をしっかりと設計することで、組織の運営は効率化され、チームとしての一体感がでてくること…



「これが空気清浄機?」驚くようなコンパクトボディとどんな空間でも馴染むデザイン、追求した機能性―。2…


プロジェクトリーダー」関連のセミナー

【16PDU】 ITサービスマネジメント実践(移行/運用) 【アイテック】  

開催日 9月6日(木)〜9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

【概要】中上級者向けであるITILインターミディエイト研修のカリキュラムを整理し、講師が厳選したポイントを絞り込んだ形式で講義します。ワークショップでは、本来O…

このページの先頭へ

プロジェクトリーダー/ 【第3回】ルーチン業務をフレーム化する」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクトリーダー/ 【第3回】ルーチン業務をフレーム化する」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004906




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ