iPhone 5世界発売の立役者…同性愛の噂も?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/09/28
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#157ジョブズ亡き後のAppleを率いるのはこの人! 〜ティム・クック氏

 全世界待望のApple社の最新スマートフォン「iPhone 5」が2012年9月21日に発売となった。Apple社を世界最大の企業にしたスティーブ・ジョブズ氏が亡くなって約1年が経つが、今後のApple社の未来を占う重要な製品でもある。今回紹介するキーマンは、ジョブズ氏亡きあとのApple社を率いる同社CEO・ティム・クック氏(以下敬称略)である。

 ティム・クックは1960年、アメリカ・アラバマ州にて誕生した。高校卒業後、オーバーン大学に進学して生産工学を学び、1982年に学士号を取得。同大学を卒業後はデューク大学に進んで1988年にMBAを取得している。

 大学卒業後はIntelligent Electronics社を経てIBM社に12年ほど勤務したあと、1998年Compaq社へ移籍。同社ではコーポレートマテリアルズ担当の上級副社長となり、同社の部材調達と在庫管理を担当した。しかしこれはわずか7カ月のみの勤務となった。というのも、その華麗な経歴に目を付けたスティーブ・ジョブズによってApple社にスカウトされたからだ。これこそが彼にとってのターニングポイントにほかならない。

ティム・クック氏
1960年
アメリカ・アラバマ州にて誕生。
1982年
オーバーン大学にて生産工学の学士号を取得。
1988年
デューク大学にてMBAを取得。
1998年
ジョブズのスカウトによってApple社へ入社。
2011年
ジョブズの辞任後、Apple社CEOへ就任。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ ジョブズ亡き後のAppleを率いるのはこの人! 〜ティム・クック氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ ジョブズ亡き後のAppleを率いるのはこの人! 〜ティム・クック氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004891



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ