Skype発明者、資産400億で次に作るモノは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/09/21
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#156Skype開発者の波乱万丈人生 〜ニクラス・ゼンストローム氏

 ITの世界で起業し、成功を収めることができるのは起業家のほんの一部だ。そしてその成功のためには、ものすごい努力が必要であることは想像に難くない。そんな努力や苦労を、隠すことなく自分の口で語っている起業家も少なくないが、今回紹介するキーマンもそんな1人。あの「Skype」を開発した、ニクラス・ゼンストローム氏(以下敬称略)である。

 ニクラス・ゼンストロームは、1966年、スウェーデン・ストックホルムにて誕生した。同国のウプサラ大学で経営学と工学物理学の両学位を同時に取得したあと、アメリカへ渡り、ミシガン大学も卒業している。両親は教師だったそうだが、彼自身は幼い頃から、自分の会社を持ちたいと思っていたようだ。のちに、「自分が大きなことをできることを、自分と他の人に証明したかった」と語っている。

 ミシガン大学を卒業後はスウェーデンへ戻り、1993年に通信キャリアとして主に北欧でサービスを展開しているTele2社へ入社。同社のISPサービスの事業立ち上げなどを担当したのを皮切りに、さまざまな事業開発に携わった。人気ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げ、初代CEOにも就任している。

ニクラス・ゼンストローム氏
1966年
スウェーデン、ストックホルムにて誕生。
1993年
ミシガン大学を卒業後、通信キャリアTele2社へ入社。
2000年
Kazaa社を設立。P2Pサービス「Kazaa」を提供開始。
2002年
Skype社を設立。2005年にeBayに21億ドルで売却。
2007年
Joostを開発。残念ながらこれは失敗。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ Skype開発者の波乱万丈人生 〜ニクラス・ゼンストローム氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ Skype開発者の波乱万丈人生 〜ニクラス・ゼンストローム氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004890



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ