クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール

2012/08/27


 「運用管理」はITシステムを常に安定稼働させるための多岐にわたる仕事全般のことと捉えられてきた。しかし現在では「ITサービス管理」と呼び替えられることも多い。運用管理部門はもはや既存システムのお守り役ではなく、新ビジネス推進のための重要な役割が期待されているからだ。仮想化やクラウドサービスの進歩により、IT基盤はビジネスニーズを先取りして迅速に変化に対応できる柔軟性やスピードを身に付けた。効果的なITサービスを低コスト・短時間で提供できる力が、企業の競争力のカギを握る時代がもうすぐやってくる。この変化の背後で大きな役割を果たしているのが「統合運用管理ツール」だ。今回は、統合運用管理ツールの基礎知識を改めておさらいしたうえで、新しいシステム環境にどう対応しているかを紹介していく。

統合運用管理

※「統合運用管理/クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合運用管理/クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「統合運用管理ツール」とは?

 業務システムとサーバ、ネットワークを集中管理して運用管理を効率化し、担当者の手間を削減するのが「統合運用管理ツール」の主な役割だ。統合運用管理ツール自身が幅広い管理領域の機能を内包するとともに、既存の個別運用管理ツールと連携し、社内システム全体の効率を高め、コスト削減を可能にする。

■基本的な機能領域

 よく使われている用語を用いて機能領域を簡単にまとめれば、表1のようになる。

表1 基本的な機能領域
表1 基本的な機能領域

 さまざまな機能は、統合運用管理ツールのモジュールとして提供されている場合が多い。領域ごとに既存の運用管理ツールや統合運用管理ツールが使われている場合でも、統合運用管理ツールとの連携を行うことで統合可能だ。

■統合運用管理ツールのメリット

【利点1】システム監視や障害対応の手間が省ける
 運用管理の現場で仕事がラクになったと実感するのは、障害対応が迅速・的確に行えることだろう。設定にはノウハウが要るが、緊急対応が必要なイベント、急がなくてもよいが対応すべきイベント、確認だけしておくイベントなどを、各システムのメッセージから判断して、わかりやすく管理者に教えてくれる(図1左)。対応が必要な障害については、手順書などに基づき管理者が対応することになる。そのときには障害対応案件として別の管理機能の画面にまとめられ、対応の状況を記録し、進捗がわかるようにしてくれる(図1右)。

図1 障害の発見と対応管理の例
図1 障害の発見と対応管理の例
資料提供:日立製作所

 統合運用管理ツールがなければ、複数の管理ツールのコンソールメッセージを常時監視し、管理者の知識やノウハウで対処する必要がある。統合運用管理ツールはメッセージを自動的に判別し、対応が必要なものやその緊急度を知らせてくれるので対応が迅速化し、監視の手間もかからなくなる。各種システムからのメッセージを解釈・統合するのは、各ツールベンダのノウハウであり、違いが表れる部分でもある。
 このような典型的な運用管理業務はノウハウが属人化していることが多いが、手順書を自動的に実行する「ランブックオートメーション」機能や、運用手順をフローチャート形式で見える化してナビゲートする機能などを用いて、組織内の業務ノウハウを共有・標準化していき、効率化・合理化を図るのが望ましい。

【利点2】サーバの稼働状況と性能の監視
システムの稼働状況とパフォーマンスを把握しておくことは重要だ。統合運用管理ツールでは、サーバの設置部署や位置などの情報を管理し、どの業務に使われるサーバがダウンしたか、稼働率、リソース消費量はどの程度かといった情報がGUIでわかりやすく一覧できる(図2)。障害対応に役立つばかりでなく、サーバやメモリなどのリソースの最適配置に役立つ。

図2 サーバ稼働管理画面の例
図2 サーバ稼働管理画面の例
資料提供:日立製作所

+拡大

【利点3】 トラブル、障害対応の円滑化と再発防止に役立つサービスデスク
 システム利用上のトラブルは、必ずしもサーバなどの機器やシステムから自動通知されるものばかりではない。エンドユーザからの電話やメールでの問い合わせから対応が始まる場合も多く、この場合は最初の問題の切り分けとその後の適切な担当者による対応が必須だ。このとき、窓口をサービスデスクに統合しておき、その後で適切な担当者に対応を割り振る仕組みをとると、対応がスムーズにできるばかりでなく、インシデントが一元管理できることにつながり、再発防止やシステム改善に結びつく。
 統合運用管理ツールでは問題管理や変更管理、構成管理、リリース管理などの機能と統合したサービスデスクが実現できる(図3)。サービスデスクはユーザと運用管理部門の接点であり、運用管理の国際標準ITILでも特に重要視されている。ユーザの要望を聞きつつ、ITシステムをあるべき姿に近づけるように、ライフサイクルを通して運用管理を改善していくスタートポイントになりうる。

図3 インシデントのライフサイクルとサービスデスク機能
図3 インシデントのライフサイクルとサービスデスク機能
資料提供:NRI

 統合運用管理ツールのカバー領域が幅広いためここでは一部しか紹介できないが、他にもジョブのスケジューリング(自動化)をはじめとした運用自動化機能や、ユーザ視点からサービスレベルを計測・管理するサービスレベル管理などにも注目して調べてみるとよいだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理/クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 NRIの運用ノウハウを凝縮した運用管理ツール「Senju Family」 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 NRIの運用ノウハウを凝縮!ITサービスマネジメント推進の手順書

統合運用管理」関連の特集


初期投資を抑えたい、ネットワークを変更したくない。導入を検討する段階で直面するいろいろな悩みを、5つ…



今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…



企業で活用が進むクラウド。しかし、気になるのは、やはりセキュリティ対策。今回は、クラウドサービスの利…


統合運用管理」関連のセミナー

ISO/IEC20000ファンデーションブリッジ研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月11日(火),12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5万760円(税込)

本研修は、ITIL(ITサービスマネジメント)資格(V2・V3問わず)をお持ちの方を対象として、ITILとISO/IEC20000の差分について学習し、ISO/…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月17日(月),11月19日(土),11月22日(火),12月12日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

【大阪】JP1×CLUSTERPROハンズオンセミナー 【日本電気/日立製作所】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWS(Amazon Web Services)をはじめとするクラウドサービスの発展・浸透を受けて、基幹系システムのクラウド移行を検討する企業が増加しています。…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理/ クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理/ クラウド、仮想化にも…統合運用管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004875


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ