この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

進化する海外事情!インターネットVPN

2012/08/06


 拠点同士を接続するためのネットワーク、いわゆるWAN(Wide Area Network)は、企業にとって欠かすことのできない重要なインフラだ。WAN構築においては様々な選択肢が考えられるが、IP-VPNや広域イーサネットなど閉域網によるサービスから、今ではベストエフォートなインターネット網を活用した「インターネットVPN」に注目が集まっている。特に円高の影響から海外シフトが加速する日本において、上手にインターネットVPNを活用したいと考える企業も少なくないはずだ。そこで今回は、改めてインターネットVPNについて振り返りながら、事業者が提供しているインターネットVPNサービスの実態に迫りたい。

VPN

※「VPN/進化する海外事情!インターネットVPN」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「VPN/進化する海外事情!インターネットVPN」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

インターネットVPNとは?

■インターネットVPNの基本

 インターネットVPNとは、VPN技術を活用することで仮想的な閉域網を構築し、公衆網であるインターネットを安全に利用するための技術、またはWANの形態のことを指す。企業が利用するWANサービスでは、企業に閉じた形で構築する専用線をはじめ、事業者と契約した企業と共用しながら利用するIP-VPNや広域イーサネットが一般的であるが、現在では個人を含めて誰でも使えるインターネット網の中で、VPN技術を利用して仮想的な閉域網を作り出すインターネットVPNに人気が集まっている。

■インターネットVPNに使われている技術

 インターネットVPNと比較されるものにIP-VPNがあるが、IP-VPNはMPLS(Multi Protocol Label Switching)技術を活用し、IPパケットにラベルと呼ばれるヘッダ情報を付けて配送し、網内ではそのMPLSをベースにユーザ識別する。事業者と契約した企業だけを識別することに利用され、データそのものの暗号化処理は行われていない。対して、インターネットVPNでは、IPパケットに暗号化を施す「IPsec」と呼ばれるプロトコルを利用する。拠点ごとに配置されたVPN装置(ルータなど)によって暗号化され、相手先で復号処理が行われることで、オープンネットワークである公衆網であってもセキュアな通信が可能となる。ちなみに、拠点間通信では認証機能も備えているIPsecが利用されるが、リモートアクセスなどモバイル環境でのVPN接続には、SSLを利用する(SSL-VPN)のが一般的だ。

■インターネットVPNが人気のワケ

 インターネットVPNに人気が集まっているのは、やはりその価格の安さだろう。自分たちでVPN装置を購入して運用することも可能となっており、インターネットに接続できる環境があれば自社でも手軽に構築することが可能だ。VPN機能を持つルータは、コンシューマモデルなら数千円から入手することができるし、インターネット回線を契約するにも一月あたり5000円前後。数十万円が必要となる専用線と比べるとコスト的な差は圧倒的だ。ただ、多くの企業では通信事業者(キャリア)やSIerなど各事業者が提供しているインターネットVPNサービスを利用することが多い。それは、ネットワーク設計から導入、運用、保守などサポート面でメリットが大きいことはもちろん、事業者が提供するインターネット網を活用したほうが、セキュリティ的な観点からも実はアドバンテージがあるためだ(後述)。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

VPN/進化する海外事情!インターネットVPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VPN」関連情報をランダムに表示しています。

VPN」関連の製品

InterSafe MobileSecurity 【アルプス システム インテグレーション】 HULFT-WebConnect 【セゾン情報システムズ】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】
フィルタリング ファイル転送 人事管理システム
Web閲覧やアプリ利用、社内アクセスまで一括制御できる、専用アプリ不要のスマートデバイス向け統合セキュリティサービス。Safariがそのまま使え既存システムに影響なし。 HULFTによるファイル転送を、インターネット経由で簡単かつセキュアに実現したSaaS型のサービス。 マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

VPN」関連の特集


 前回は「ポートホッピング」や「Anonymousプロキシ」を例にセキュリティの回避手法を解説した。…



IDCでは、過去10年にわたり、国内IT投資金額の推移を調査している。1月に発表した調査結果によると…



言葉が一人歩きしている感のある「クラウド」。一体クラウドとは何か?クラウドはどれだけ有効なのか?アナ…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VPN/ 進化する海外事情!インターネットVPN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VPN/ 進化する海外事情!インターネットVPN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004873


IT・IT製品TOP > 通信サービス > インターネットVPN > インターネットVPNのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ