この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

メディアタブレットの導入状況

2012/07/24


 キーマンズネットでは、2012年4月24日〜2012年5月8日にかけて「メディアタブレットの導入」に関するアンケートを実施した(有効回答数:827)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の45.1%、一般部門が44.9%、ベンダ・SIerが10.0%という構成比であった。 今回、お聞きしたのはメディアタブレットの「利用目的」や「選定時の重要ポイント」など、導入状況を把握するための質問。その結果、既にメディアタブレットを導入しているとした企業は全体の1割程度に留まり、選定時の重視ポイントがブランドイメージからコストや処理性能といったほかのポイントに目を向け始められつつあることが分かった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「メディアタブレット/メディアタブレットの導入状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メディアタブレット/メディアタブレットの導入状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

メディアタブレットの導入率は1割、中堅企業に人気

 最初にメディアタブレットの「導入状況」について尋ねたところ、「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が8.2%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が5.1%、「新規で導入を検討している」が17.5%、「必要性を感じない」が34.2%、「分からない」が34.9%と続いた。まとめると全体では13.3%が導入済み、追加リプレイスを含めると22.6%が検討中という結果となる(図1)。
 「導入済み」及び追加リプレイスを含めた「検討中」をまとめ、従業員規模別に確認した。その結果、「100名以下」の「導入済み」は12.0%で「検討中」は20.4%、「101〜1000名以下」の「導入済み」は15.9%で「検討中」は25.0%、「1001名以上」の「導入済み」は11.7%、「検討中」は22.2%となった。「導入済み」、「検討中」、ともに中堅規模の「101〜1000名」がほかを上回っていることが分かった。

図1 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

メディアタブレット導入の目的、導入検討中の企業は「営業効率アップ」に注目

 次に、メディアタブレットを「導入済み」、「導入予定」と回答した方を対象に、メディアタブレットの「導入目的」を尋ねた。その結果「導入済み」では、1位が「紙資料を削減したい」で56.5%、2位が「営業効率を上げたい」で46.3%、3位が「社外から社内システムにアクセスしたい」で35.2%となり、「導入予定」では1位が「営業効率を上げたい」で57.3%、2位が「紙資料を削減したい」で50.9%、3位が「社外から社内システムにアクセスしたい」で49.1%となった。
 メディアタブレットはビジネスシーンにおいて便利なツールで特に営業現場においては数千、数万もの書類を手軽に持ち運ぶことができ、必要な時に素早く顧客にそれを提示できるという特性を持っている。これが、今後導入を検討している企業において「営業効率を上げたい」の割合を高めたのだろう。

図2 導入の目的

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入の目的
このページの先頭へ

3

ブランドイメージからコスト重視にシフト、変化する選定時の重視ポイント

 次に、メディアタブレットを「導入済み」、「導入予定」と回答した方を対象に、メディアタブレット製品選定の「最も重視しているポイント」を尋ねた(1〜3位で順位付けをする単一回答)。その結果、「導入済み」では、1位が「製品ブランド」で29.4%、2位が「導入コスト/運用コスト」で24.8%、3位が「処理性能」で14.7%、となり、「導入予定」では1位が「導入コスト/運用コスト」で43.7%、2位が「処理性能」で14.4%、3位が「他社の導入事例」で10.3%となった。
 「導入済み」の1位「製品ブランド」が「導入予定」では8.6%で4位になるなど、「導入済み」と「導入予定」とで順位が大きく変動している。
 メディアタブレット市場はiPadが牽引してきたとは周知のこと。既に導入済みの企業ではiPadのブランドイメージが強かったのだと思われる。しかし、メディアタブレットの普及とともに製品の選択肢は増え、更にその利用シーンが多様化しはじめた。これまでブランドイメージが先行しがちだったこの市場も、コストや処理性能といったほかのポイントに目が向けられはじめたようだ。

図3 重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メディアタブレット/メディアタブレットの導入状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メディアタブレット」関連情報をランダムに表示しています。

メディアタブレット」関連の特集


BYODというキーワードがモバイル市場で活況を呈していますが、果たして日本企業の実態は?BYODにお…



スマートフォンのビジネス利用が増えてきたものの、機能やサービスが増え、選択基準がより複雑になってきて…



有意義な会議であっても、日程調整や事前資料の共有、議事録作成など多くの手間が潜んでいるもの。ITツー…


「タブレット」関連の特集


「iPadならウイルスなんて関係ない」…これは大きな間違いだ。iOSのセキュリティの現状について紹介…



 前回に引き続き、iPadとiTunesを利用したペーパーレス会議システムを紹介する2回目です。今回…



ビジネスシーンにおける“脱PC”が進んでいる。その一翼を担うのが「タブレット」だが、そのターゲットは…


「タブレット」関連のセミナー

今知らないと乗り遅れるワークスタイル改革最前線 【マイナビ/インフォテリア】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「ワークスタイル改革」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?昨今では、在宅勤務を支援するソフトウェアをはじめ、ITを駆使した仕組みづくりの改革と捉えられ…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メディアタブレット/ メディアタブレットの導入状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メディアタブレット/ メディアタブレットの導入状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004863


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ