提案力強化のため、顧客の声を分析したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

提案力を向上させるため、顧客の声を集めて分析したい

2013/02/28


 「ウチの会社、競争力が低下しているかも」…そんな心配を覚えたら、まずは自社の「提案力」が十分かどうかをチェックしてみたい。さまざまな商品がコモディティ化する中、商品力だけに頼った売上拡大は難しくなる一方。しかしたとえ同じ製品でも売り方次第で売れ行きが違うのは古今東西変わらぬ事実だ。顧客の悩みのポイントに沿って「こう使えばこんなにトクする」と理路整然と訴求できてこそ、競争優位に立つことができる。そんな「提案力」を身につける第一歩が顧客の声を虚心坦懐に聞くことだ。ここでは、提案力で差をつけるために、顧客の声を集めて分析する方法を探ってみよう。

※「BI/提案力強化のため、顧客の声を分析したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/提案力強化のため、顧客の声を分析したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

SFAやCRM、BIツールを活用し、既存顧客の声を集めて提案力を強化!

 「顧客」とひと言でいってもそのタイプは3つ。少なくとも一度は自社商品を購入したことがある「既存顧客」と、未購入だが同種商品の購入意欲はある「潜在顧客」が大きな区分け、さらに自社が今後拡販していきたい「ターゲット顧客」(購入経験や現在の購入意欲は問わない)も含めて考えたい。
 まず大切にしたいのが売上拡大の土台となる既存顧客だ。すでに接点がある既存顧客からの情報入手は比較的容易だ。例えば訪問・対面での営業による情報収集。営業マンの会話技術で必要な情報が得られる。とはいえその情報が特定営業マンのレベルでとどまってはダメ。社内で共有できてこそ、次の提案につなげられる。モバイル端末でSFA(営業支援)ツールやグループウェアの機能を利用すれば客先から情報を「営業日報」「報告」などの形で社内のデータベースにすぐに登録でき、共有可能になる。

グループウェアの「報告書」機能で顧客の声を共有
グループウェアの「報告書」機能で顧客の声を共有
提供:サイボウズ株式会社

 またコンタクトセンターに寄せられる問い合わせやクレームも大事な情報源だ。商品やサービスの欠点や改善点は視点を変えれば潜在ニーズ。しっかりと把握できれば新しい提案につながる。大量の電話やメール、FAXから提案活動につながるきめ細かい情報を得るには、CTI(電話とコンピュータの統合システム)を用いたコンタクトセンターソリューションが役に立つ。さらに商品添付のアンケートはがきなどによる情報収集も有益だ。入力代行業者を利用して電子化・データベース化して分析の準備を整えるとよい。
 集めた情報はExcelやAccessなどのオフィス用ツールで分析してもよいが、SFAツールやCRM(顧客管理)ツールに備わっている分析機能、あるいはBI(ビジネスインテリジェンス)と呼ばれる分析ツールは、専門的な分析スキルがなくとも経営視点で簡単に利用できるようになっており、提案活動に必要なエッセンスを抽出するのにより便利なツールだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/提案力強化のため、顧客の声を分析したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

データベースのリアルタイムレプリケーションがビジネスにもたらすメリット 【クエスト・ソフトウェア】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
バックアップサービス BI BI
ビジネスの根幹を担う上で重要なデータベースは、重要であるが故に止められなかったり、もっと活用したいのに負荷を掛けられないジレンマもある。どうすればいいのか。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

BI」関連の特集


企業利用も進むTwitterやFacebook。これらソーシャルメディアが持つ膨大な情報を、企業で活…



ビッグデータの“その先”を見据えた「データ仮想化」とは一体…!?後編ではシステム運用面ビジネス面での…



あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが…


BI」関連のセミナー

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 2月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

BINET戦略セミナー「量子コンピュータの実現に向けて」 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】  

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込み)

実用化は困難と言われてきた量子コンピュータであるが、 この2-3年で大きな進展を見せている。商用提供が 始まっている D-waveの量子アニーリングマシンに加え…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 10月3日(火),10月17日(火),11月7日(火),11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

このページの先頭へ

BI/ 提案力強化のため、顧客の声を分析したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ 提案力強化のため、顧客の声を分析したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004858


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ