この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

退職者のノウハウを継承したい

2012/09/27


 雇用の流動化が進むにつれ、メリットよりもデメリットがクローズアップされる職場が増えている。ITの現場はその最たるもの。大切なノウハウを持った人が突然会社を辞めると、現場がたちまち行き詰まる。ヘッドハンティングなどで優秀な人材が外部に流出する一方、役職定年制や成果主義の行き過ぎで、豊かなノウハウを持っているのに不運・不遇な先輩が去っていくのを目にすることも。退職は仕方がないとして、個人に備わる知識や知見、技術、経験、スキルなど(ここではノウハウと呼ぶ)を、社内に残す方法はないものか。実はITははるか以前から、その方法を追求してきた。ツールはさまざま揃っている。上手に活用さえできれば、社員のノウハウなどを組織として継承していく仕組みが作れる。今回は、退職者のノウハウを会社として継承する方法を紹介しよう。

 【1】ノウハウを「ナレッジ」として整理し、再利用可能にする
 【2】整理し切れない情報からノウハウを拾い出す
 【3】ノウハウを日々蓄積し、更新できる場を作る
 
 以下、詳細を見ていこう。

※「ナレッジ/退職者のノウハウを継承したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ナレッジ/退職者のノウハウを継承したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

ノウハウを整理し、再利用可能にする

 社員1人ひとりが持っていても、なかなか他人に伝わらないノウハウを引き出し、体系化してまとめ、組織の中で共有・活用する…。そんな仕組みができていれば、突然有能な社員が辞めても後継者がノウハウを引き継ぎ、従来どおりの仕事ができるはず。もちろん100%の継承はムリだが、ある程度のレベルまでなら十分可能だ。さらに企業全体でノウハウを共有すれば、問題解決能力が上がり、生産性が向上することが見込める。
 こうした考え方でのノウハウ共有・継承は、古くからITのテーマの1つだった。ノウハウを体系立てて共有・活用しやすくしたものを「ナレッジ」と呼び、その管理手法は「ナレッジマネジメント」と呼ばれた。ナレッジマネジメントは今でも引き続きITの大きな課題だ。ナレッジを体系化して整理する前に、どう個人からノウハウを引き出すのかが問題になる。
 そこでまず、「グループウェア」や「ワークフローツール」に、日々の業務の記録(日報、申請書、各種伝票、契約書など)が残ることに着目し、その情報を種類別、目的別に整理し、再利用しやすい方法を考えたい。例えば契約書フォーマットを目的別にテンプレート化し、簡単に再利用可能にすることも、1つのナレッジマネジメントだ。特にグループウェアにはファイル共有機能も備わっているので、各種プレゼン資料や提案書、調査記録、議事録などもうまく整理すれば再利用可能な「ナレッジ」にできる。
 この考え方を少し進めて、文書の各種属性をあらかじめ登録し、目的に従って検索しやすく体系的に整理して再利用可能しやすくすることも考えたい。文書の体系的な整理に適したツールが「文書管理ツール」だ。登録時に属性入力が必要なので運用に手間がかかるが、もともとが整理しやすく作られているので、グループウェアの情報を整理するよりもはるかにシンプルな作業で済む。紙の書類も電子書類も合わせて登録できるよう、PDF化ツールやOCRツールなども組み合わせ、複合機との統合ソリューションとしても提供されている。
 さらにいわゆる「文書」の枠組みを超え、Webサイトや各種業務システムからのデータも統合して一元管理しようというツールもある。「コンテンツ管理」「ECM(エンタープライズコンテンツ管理)」と呼ばれるジャンルの製品だ。下図のように、企業内の情報を幅広く集めて共有化し、さまざまな検索手段で再利用できるのが特長だ。

図 ECMツールの情報登録と利用のイメージ
図 ECMツールの情報登録と利用のイメージ

 なお、「プロジェクト管理ツール」にも問題管理とチーム間コミュニケーションなどの情報共有機能がある。特定の業務領域での適用になるが、深みのあるノウハウが蓄積されるので、再利用価値が高い。
 このように情報の整理と共有、活用を可能にするツールは数多い。コストは相応にかかり、運用にも労力が必要だが、ナレッジの共有、継承という目的には最適だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ナレッジ/退職者のノウハウを継承したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナレッジ」関連情報をランダムに表示しています。

ナレッジ」関連の製品

Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 LINEの兄弟会社が開発したビジネス版LINE「Works Mobile」 【ワークスモバイルジャパン】
グループウェア ETL グループウェア
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 仕事のやりとりで、「すぐに返事がもらえない」「うまく伝わらない」といったモヤモヤを感じたことはないだろうか? 「Works Mobile」がその解決策になるかもしれない。

ナレッジ」関連の特集


タブレット端末などの新たなツールの活用などによって「営業現場の業務効率化・生産性向上」を図るためには…



増大し続けるスパム・ウイルス対策&内部からの情報漏洩対策に!製品の基礎から最新事情までを、まとめて詳…



今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…


ナレッジ」関連のセミナー

これからのセキュリティ人材育成 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 1月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバーセキュリティの脅威はますます身近になっている昨今、セキュリティ対策が非常に重要になってきています。そこで、立ちはだかる「人材不足」の壁。本セミナーでは、…

Ruby入門講座(エパノ プログラミング スクール) 【エパノ プログラミング スクール/運営:オフィス24】  

開催日 1月16日(月)〜1月17日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5万8968円(税込)

すでにJava等の何らかの言語でエンジニアとして活躍されている方を対象にRubyの特徴的な部分に注目しながら文法を学ぶことができます。「Rubyの入門コースを受…

今なぜPythonなのか? 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 1月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Python (パイソン)は、オブジェクト指向スクリプト言語です。PerlやRubyと比べると、日本ではあまり知られていませんが、GoogleやFacebook…

このページの先頭へ

ナレッジ/ 退職者のノウハウを継承したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ナレッジ/ 退職者のノウハウを継承したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004850


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ