大量タグを一括認識!「カラービット」とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

大量タグを一括認識!「カラービット」とは

2012/09/05


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「カラービット」。バーコードやRFIDではできない個品管理法を簡単に実現し、採用事例も増えてきたこの新しいコードは、いったいどこが優れているのでしょうか?

カラービット

※「カラービット/大量タグを一括認識!「カラービット」とは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「カラービット/大量タグを一括認識!「カラービット」とは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「カラービット」とは何か

 ビットの並びを色の変化で表す新しいコード。日本のビーコア株式会社が独自に開発し、自動認識技術を利用する各種機器を始め、書類管理や物品管理、ゲームなど、多様なベンダのソリューションに採用されている。

1-1

「色の変化」でビットを表す方法は?

 原理は図1を見ていただくとよい。カラービットによるコードは「赤」「青」「緑」の色のつながりで表現され、連続したセルの色の並びを自動認識できるようにしている。色が「赤」→「青」/「青」→「緑」/「緑」→「赤」の順で変化しているところで「1」を表し、逆に「赤」→「緑」/「緑」→「青」/「青」→「赤」の順に変化しているところで「0」を表す。
 このコードを個品管理のIDなどと対応づけると、例えば従来のバーコードやQRコード、あるいはRFIDタグのように活用できる。それに加え、後述するように、これまでのコードでは対応できなかった領域にも、アイデア次第で多様な応用が可能になることで注目されている。

図1 カラービットのコードの例
図1 カラービットのコードの例
資料提供:ビーコア

 コードの作成は、ID番号などを専用ソフトでカラービットに変換した上で、自由にデザインして出力すればよい。出力には一般的なカラープリンタがあればよく、印刷機でももちろん問題ない。シール紙に印刷して物品に貼付するタグにするのが典型的な使い方だが、布への印刷、プラスチック・金属・ガラス・電子機器用基板への着色など、さまざまな応用ができる。
 読み取りには基本的にはカメラの画像を利用し、認識用ソフトを利用してIDコードなどに変換する。静止画像でも、動画でも、リアルタイム映像からでも0.01秒から0.2秒程度の時間で認識が可能だ。一般的なデジタルカメラ、Webカメラ、パソコンやスマートフォンなどのカメラでも十分に使える。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ
関連キーワード

カラービット/大量タグを一括認識!「カラービット」とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「カラービット」関連情報をランダムに表示しています。

「データ検索ソフト」関連の製品

データベース検索/更新ツール SkyLink 【イースト】 全文検索・情報活用システム QuickSolution 【住友電工情報システム】 高速全文検索システム REX-File・Finder 【寿精版印刷】
データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト
ノンプログラミングで使用できる、検索性・操作性に優れたデータベース検索/更新アプリケーション。様々なデータベースに対応。Webブラウザからもデータ検索を行える。 20TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 検索結果をイメージで見ながらファイルを探せる高速全文検索システム。ファイルサーバ、NAS、文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとしても使用可能。

「データ検索ソフト」関連の特集


とりあえずググってますか?もっとディープな情報ほしくないですか?オモロジック採用のサグールで視点を変…



アレどこ行ったっけ?なんてことありませんか?「企業内ならでは」の特徴などとともに企業内検索ツールにつ…



ミック経済研究所によると、2007年度は29.8%増の81.1億円になる事が見込まれている検索エンジ…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

カラービット/ 大量タグを一括認識!「カラービット」とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「カラービット/ 大量タグを一括認識!「カラービット」とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30004848


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ