急成長が期待される「新世代M2M」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

急成長が期待される「新世代M2M」とは?

2012/08/22


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマ「新世代M2M」の「M2M」は「Machine to Machine」の略語で機器相互間のコミュニケーション技術のこと。昔からあるM2Mが今話題になっているのは、世界規模で市場が急成長しようとしているからです。2010年までは10億ドル規模でずっと横ばいだったM2M通信モジュール市場が、2017年までに約65億ドルに達する右上がりの急カーブを描いて成長しているのです。現在でも十数億のデバイスがネットワーク接続されていますが、10年後には500億個が接続するとも言われます。これを見れば既に「画期」が訪れ「新世代」が到来しているのは確か。日本国内でも2015年度には約3300億円の市場になるという見込みもあります。今回はそんなM2Mと新技術、新利用技術が拓く可能性と課題を紹介しましょう。

M2M

※「M2M/急成長が期待される「新世代M2M」とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「M2M/急成長が期待される「新世代M2M」とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

M2M、「新世代」M2Mとは何か

 M2M(Machine to Machine)は、携帯電話会社などの通信キャリアがビジネスの領域を「人間同士のコミュニケーション」から「機械同士のコミュニケーション」へと広げたいという事情から生み出されたキーワードだと言ってよいだろう。そのため今でも通信の側面が強調されることが多いのだが、実際には通信の領域を超えて「何かの現象・事象を検知するセンサ」と「多数のセンサから収集した情報をもとにした機器制御技術」を利用する仕組み全般のことを指すようになってきた。

図1 「新世代M2M」のイメージ
図1 「新世代M2M」のイメージ
資料提供:日本電気

 例えば、今春開通した「東京ゲートブリッジ」には多数の加速度計、ひずみ計、温度計、変位計が取り付けられている。これらが「センサ」だ。これらセンサは常時橋の状態をモニタし、情報をネットワークで伝える。その先のサーバには「ビッグデータ」解析システムがあり、橋の異常検出や経年劣化予測、保守計画の策定などに活用されている。また通行する車重や車種の推定、特殊車両情報の把握も可能になっている(NTTデータ公表資料による)。

1-1

従来からのM2Mでは何が行われてきたか

 日本では総務省が提唱した「ユビキタスネットワーク社会」の実現の要素として機器間通信のコンセプトが十数年前から語られ、10年ほど前から「M2M」というキーワードが使われ、具体的な事例が語られるようになった。例えばファシリティ管理(ビルの設備管理用の空調、照明、エレベータの稼働管理など)、自動販売機の在庫補給管理やICカード決済、物品やトラックなどの物流管理、防災・災害対策(地震速報や警報システムなど)、防犯・セキュリティ対策、自動車への交通情報配信などのテレマティクス、農産物管理、遠隔健康管理、交通管制など、他領域、他業種をまたがるさまざまな活用例がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ
関連キーワード

M2M/急成長が期待される「新世代M2M」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「M2M」関連情報をランダムに表示しています。

M2M」関連の製品

気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】 認証・認可システム SECUREMATRIX 【ソフトバンク コマース&サービス】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
モバイル通信サービス ワンタイムパスワード ルーター
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に パスワード生成専用アプリ、デバイスなどを使用せず、認証強化を実現可能なワンタイムパスワード製品。 LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

M2M」関連の特集


ビジネスロジック内のルールを体系的に管理することで開発工数削減を実現するBRMS。誕生から15年、改…



第4次産業革命を支えるIoTの重要な要素技術であるM2M国際標準「oneM2M」。発表されたリリース…



2020年には13兆円を超える市場規模になると予測されているIoT。産業別ユースケースとテクノジーの…


M2M」関連のセミナー

IT Solution Forum 2017 in 福岡 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 6月7日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

企業の抱える【経営課題】を解決することを目的として、『情報セキュリティ対策』『労務管理』『人材育成』『ワークスタイル変革』などをキーワードとした、多種多様なセミ…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

M2M/ 急成長が期待される「新世代M2M」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「M2M/ 急成長が期待される「新世代M2M」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004847


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ