この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    谷口 隼祐
    Taniguchi Shunsuke
    (独)情報処理推進機構(IPA)
    情報セキュリティ技術ラボラトリー所属。2007年より脆弱性分析業務、脆弱性対策普及業務(冊子執筆やツール企画など)に従事。
2012/05/08
2012年版10大脅威 第1回

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「2012年版10大脅威 第1回」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


10大脅威/2012年版10大脅威 第1回」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「10大脅威」関連情報をランダムに表示しています。

10大脅威」関連の製品

標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】
ファイアウォール
標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは?

10大脅威」関連の特集


IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編…



前回、前々回と特に発生頻度の多いトピック毎に事例、及び対策を述べた。今回は最終回として、これまでの実…



 前回は、ガンブラーを題材に「組織」のビジネスインパクトについて記載した。今回は、「内部犯罪」におけ…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】 ネットワーク分離環境のデータ受け渡し Crossway/データブリッジ 【NTTテクノクロス】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 分離ネットワーク間でデータを安全に受け渡すための機器。
電源OFFなどで、データは自動的に消去されるので、USBメモリなどと違い重要情報の持ち運びリスクを軽減できる。
既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004840


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ