標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野中 一希
    Nonaka Kazuki
    マクニカネットワークス株式会社 技術統括部 プロダクト技術6部
    あらゆるセキュリティアプライアンスのプリセールス・コンサルティング・サポートを約10年に渡り経験。現在は標的型攻撃対策製品の専任エンジニアとして、マネジメントを行っている。
2012/05/08
標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 今必要なサイバー攻撃対策、名和利男氏とEDR生みの親(Carbon Black CTO)が対談 【カーボン・ブラック・ジャパン株式会社】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
アンチウイルス その他ネットワークセキュリティ関連 IPS
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 今必要なサイバー攻撃対策、名和利男氏とEDR生みの親(Carbon Black CTO)が対談 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

標的型攻撃」関連の特集


スマホやタブレットなどスマートデバイスの業務利用の拡大、ユーザーのワークスタイルの多様化により、管理…



 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・こ…



うっかりミスによるメール誤送信を防ぐために役立つメール誤送信防止ソリューションですが、導入することで…


標的型攻撃」関連のセミナー

60分で構築! クラウドで実現するサイバー攻撃対策 【アルプス システム インテグレーション/網屋 主催】  

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃被害が急増し、企業・組織では従来のセキュリティ対策に入口・出口対策などを加えた多層防御がスタンダードになりつつ…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃の察知と運用の自動化セミナー 【アズジェント】  

開催日 2月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

さまざまな業務が情報システムに大きく依存するようになった現在、IT運用管理者の業務内容は増大しており、多くの組織において要員不足という問題を抱えています。一方、…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004836


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ