標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野中 一希
    Nonaka Kazuki
    マクニカネットワークス株式会社 技術統括部 プロダクト技術6部
    あらゆるセキュリティアプライアンスのプリセールス・コンサルティング・サポートを約10年に渡り経験。現在は標的型攻撃対策製品の専任エンジニアとして、マネジメントを行っている。
2012/05/08
標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/標的型攻撃対策製品、その技術手法の違い」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版 【シマンテック】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
SDN アンチウイルス IPS
サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

標的型攻撃」関連の特集


 本稿では、全4回に渡って、メールセキュリティを自社に導入する上で検討すべきポイントと、クラウド利用…



日本年金機構の漏洩事故に学ぶ。予防から再発防止対策までを司る「CSIRT」の意義と構築のための基礎知…



 前回、説明したとおり、この1年は“潮目を切る”劇的変化を迎えた年であった。特に「情報流出」に関して…


標的型攻撃」関連のセミナー

HCIで解決 セキュリティもバックアップもまるごと対策セミナー 【ソフトバンク コマース&サービス】 締切間近 

開催日 10月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

現在 日本のITインフラ市場でも盛り上がりを見せている「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」。日ごとに各メディアでも取り上げられ、情報もさらに充…

情報セキュリティ入門研修 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 10月11日(水),12月5日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

 情報セキュリティの初心者または改めて頭を整理しておきたい方向けの入門講座です。 短い時間の中で、情報セキュリティ・サイバーセキュリティの基本的な知識、最新動向…

サイバー攻撃の動向と対策解 【NRIセキュアテクノロジーズ/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/FFRI】  

開催日 11月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃などサイバー攻撃は高度化、多様化し、被害は拡大する一方で、各企業で喫緊に取り組むべき経営課題のひとつとなっています。そのような状況の中…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004836


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ