この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ECM

2012/05/22


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ECMのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2011年度のECM(Enterprise Content Management)市場は、前年比7.6%増の49億3000万円となる見込みである。企業内で急増している各種コンテンツの管理/共有化/コラボレーションに対するニーズは年々増しており、情報共有基盤としてのECMの重要性は更に高まっている。
 2011年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日本IBMが24.4%を獲得して1位になるとみられている。ECMの概念が認知されてきているほか、企業が取り扱うコンテンツ量も急増していることから、安定した引き合いがきている。2011年度はシステム構築パートナーとの連携を更に強化している。
 オープンテキストは22.3%で2位になる見込みである。主に操作性の改善とパフォーマンス向上という2つの観点から機能拡張を行っており、同社の強みであるアーカイブ製品を中心にSAPとの連携を強化して需要の喚起を進めている。3位にはEMCジャパンが18.3%で続くとみられている。
 2010年度まではSaaS・ASPサービスの提供はなく、2011年度にパナソニックソリューションテクノロジーが提供を開始した。しかし、売り上げとしてはまだ小規模にとどまっている。オープンテキストやEMCジャパンは、今後パートナーと連携してSaaS提供を行っていく方針である。

ECMシェア

ECMシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ECM/「ECM」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ECM」関連情報をランダムに表示しています。

ECM」関連の製品

OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】 データエントリーソリューション e-Entry Express+ 【日商エレクトロニクス】
文書管理 電子帳票システム 帳票管理システム
契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。 申込書や伝票といった帳票の入力業務に必要な機能を取込からエントリー、エクスポートまで備えたWebイメージエントリーツール。企業のデータエントリー業務を効率化する。

ECM」関連の特集


2011年度、139億円超となった文書管理市場。2005年から施行されたe-文書法などの影響で徐々に…



前年対比46.2%増と大幅な伸びを示しているECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)パッケージのシ…



ECMツールはERPと同様に全社規模で導入すべきツール。そのため製品の選定にあたってはさまざまな課題…


ECM」関連のセミナー

技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

事例から学ぶ、重要な技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ECM/ 「ECM」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECM/ 「ECM」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004833


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ