【第4回】日本の“食文化”は海外にも通じるか!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/04/23

中堅・中小企業の海外展開における実態に迫る!

自己紹介
株式会社ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上 由高
主な経歴
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面…

【第4回】日本の“食文化”は海外にも通じるか!?

 今回は卸売業の海外展開について見ていくことにします。ここでの「卸売業」とは飲食料品、繊維/衣服を始めとする様々な商材に関するメーカーと小売の仲立ちを担う業種を指します。

1

卸売業の海外ビジネス展開状況

 以下のグラフは年商500億円未満の卸売業に対し、「海外へのビジネス展開状況」を尋ねた結果です。

+拡大

 「既に海外拠点を持ち、商材やサービスを販売/流通させている」の割合は14%と製造業を除く他業種と比べると高い値となっています。また、「今後海外拠点を持ち、商材やサービスを販売/流通させる予定である」も7%と、1割を下回ってはいるものの、他業種と比べるとやや高くなっています。

■中国などで日本食ニーズが高まっている!  

 中堅・中小の卸売業が海外展開へ関心を抱く要因の一つが、中国などにおける日本食ニーズの高まりです。東日本大震災による原発事故が発生した直後は日本食を避ける動きが見られたものの、和食文化はヘルシー感や高級感といった点で、引き続き富裕層から高い人気を博しています。昨年から今年にかけては「日本食品飲料展」が上海と成都でも開催されています。業務用食材卸大手の「久世」が香港の子会社を通じて成都に現地企業との合弁会社を設立するなど、ビジネス面での動きも活発です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

海外展開/【第4回】日本の“食文化”は海外にも通じるか!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「海外展開」関連情報をランダムに表示しています。

海外展開」関連の製品

製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 【インフォアジャパン】 Infor SyteLine 【日立システムズ】
ERP ERP ERP
品質低下、ストライキ、不正……海外拠点の問題を解決する仕組み作りのススメ ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。

海外展開」関連の特集


財務などの間接部門にもクラウドサービス活用の波は寄せてきている。企業が持つキャッシュが今、どこに、ど…



BCPを絵に描いた餅にしないための方策とは?今回は、震災後BCPを見直した5社にお集まりいただき、使…



 前回の記事で、中国でITのインフラである「WEIBO」について紹介しました。しかし中国のITツール…


海外展開」関連のセミナー

事例でわかる! ERP導入を成功させるポイント 〜海外展開 編〜 【パシフィックビジネスコンサルティング】  

開催日 10月19日(水),12月14日(水),2月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 近年、グローバル展開を進める企業様では「2層ERPモデル」が採用されるケースが増えています。これは、本社や主要拠点にはSAP ERPやDynamics AXな…

このページの先頭へ

海外展開/ 【第4回】日本の“食文化”は海外にも通じるか!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「海外展開/ 【第4回】日本の“食文化”は海外にも通じるか!?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004828




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ