【第3回】海外進出!トラック輸送にチャンスあり!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/04/16

中堅・中小企業の海外展開における実態に迫る!

自己紹介
株式会社ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上 由高
主な経歴
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面…

【第3回】海外進出!トラック輸送にチャンスあり!

 今回は、流通業の海外展開について見ていくことにします。ここでの「流通業」とは鉄道、道路、水運、航空などの運輸業および倉庫業などを指します。中堅・中小という観点ではトラックなどによる道路運送業と中小規模の倉庫業が主な対象となります。

1

流通業の海外へのビジネス展開状況

 以下のグラフは年商500億円未満の流通業に対し、「海外へのビジネス展開状況」を尋ねた結果です。

+拡大

「既に海外拠点を持ち、商材やサービスを販売/流通させている」の割合は7%となっています。1割を切る値なので、拠点を伴う海外進出に取り組んでいる企業はまだごく一部といった状況です。製造業と比べると値はだいぶ低いものの、小売業やサービス業よりは高いという状況になっているのがわかります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

海外展開/【第3回】海外進出!トラック輸送にチャンスあり!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「海外展開」関連情報をランダムに表示しています。

海外展開」関連の製品

クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】
ERP WAN高速化 ERP
ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか? 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。

海外展開」関連の特集


2012年度以降、スマートデバイス普及などIT環境変化にともなうパッケージ型への移行需要が期待される…



サードウェーブコーヒーの先駆けとして知られる「ブルーボトルコーヒー」。昨年、日本進出を果たし、清澄白…



企業の基幹業務を支援するERPですが、クラウド基盤への展開が広がっており、変化の激しい経営環境に対応…


このページの先頭へ

海外展開/ 【第3回】海外進出!トラック輸送にチャンスあり!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「海外展開/ 【第3回】海外進出!トラック輸送にチャンスあり!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004826




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ