【第2回】海外進出!単なる製造工場から販売市場へ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/04/09

中堅・中小企業の海外展開における実態に迫る!

自己紹介
株式会社ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上 由高
主な経歴
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面…

【第2回】海外進出!単なる製造工場から販売市場へ

 今回は製造業の海外展開について見ていくことにしましょう。製造業は大きく分けて「組立製造業」と「加工製造業」に大別されます。前者は自動車、電気製品、建機、工作機械といった多数の部品を組み立てて一つの製品を作り上げる業態です。後者は飲食料品、化学工業、衣類など、原材料を処理/混合することで副産物も含めた様々な製品を生成する業態です。こうした業態の違いに起因する傾向差もあるため、以下のデータでは「組立製造業」と「加工製造業」に分けて集計した結果を掲載しています。

1

海外へのビジネス展開状況…海外拠点は単なる工場ではない!

 製造業の海外展開といえば、新興国の安い労働力を生かした工場進出を思い浮かべる方も多いかも知れません。しかし、中堅・中小の製造業における海外展開は昨今大きな変化を見せてきています。
 以下のグラフは年商500億円未満の製造業に対し、「海外へのビジネス展開状況」を尋ねた結果です。

+拡大

 「組立製造業」「加工製造業」ともに「既に海外拠点を持ち、商材やサービスを販売/流通させている」という回答が「既に海外拠点を持ち、製造やサポートのアウトソース先として活用している」よりも多いことがわかります。日本の中堅・中小企業は金型や部品など、ベースとなる部分において高い評価を受けています。それらを元に中国やアジアの企業が完成品を製造し、欧米で販売するという流れも多いのです。日本の中堅・中小の製造業にとって海外拠点は単なる工場ではなく、既に重要な販売/流通の市場となっているのです。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

海外展開/【第2回】海外進出!単なる製造工場から販売市場へ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「海外展開」関連情報をランダムに表示しています。

海外展開」関連の製品

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 ネットワークインフラの構築でユーザー企業が注目すべきポイント 【丸紅OKIネットソリューションズ】
ERP ネットワーク管理
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 「使えて当然」になりつつある企業ネットワーク。信頼性確保のために、ネットワークインフラベンダーとの連係は必須だ。しかし、その「違い」はどこで分かるだろうか。

海外展開」関連の特集


1桁成長にとどまる見込みの2011年度「国内仮想化サーバ」市場。そもそも、仮想化サーバ市場の動向に影…



“上場企業”を対象に2015年あるいは2016年に強制適用が始まる予定の「IFRS」。では、“中堅・…



ビジネス環境の急激な変化にともなって、働き方にも大きな変革が求められている。その新たな働き方の基盤と…


海外展開」関連のセミナー

事例でわかる! ERP導入を成功させるポイント 〜海外展開 編〜 【パシフィックビジネスコンサルティング】  

開催日 10月19日(水),12月14日(水),2月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 近年、グローバル展開を進める企業様では「2層ERPモデル」が採用されるケースが増えています。これは、本社や主要拠点にはSAP ERPやDynamics AXな…

このページの先頭へ

海外展開/ 【第2回】海外進出!単なる製造工場から販売市場へ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「海外展開/ 【第2回】海外進出!単なる製造工場から販売市場へ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004822




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ