大規模感染は尽きるもウイルスの脅威は続く

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    花村 憲一
    Hanamura Kenichi
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター
    情報セキュリティ分析ラボラトリーにて、企業や個人を対象とした情報セキュリティ対策に関する調査研究に従事。
2012/04/24
大規模感染は尽きるもウイルスの脅威は続く

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「大規模感染は尽きるもウイルスの脅威は続く」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報セキュリティ事故/大規模感染は尽きるもウイルスの脅威は続く」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報セキュリティ事故」関連情報をランダムに表示しています。

情報セキュリティ事故」関連の特集


 利便性と情報セキュリティ、どちらをとるかは永遠の課題、そう言われて久しい。しかし、ここに至って、ビ…



 これまで3回に渡って「情報セキュリティ事故(情報漏洩)の現場」から、学ぶべき対策を探ってみました。…



 前回は情報セキュリティの4つの対策のうち、3つまで説明しました。今回は最後の1つ、情報セキュリティ…


情報セキュリティ事故」関連のセミナー

運用現場での情報セキュリティ事故とヒューマンエラーの防止 【日立インフォメーションアカデミー】 締切間近 

開催日 12月19日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、標的型攻撃による情報流出やランサムウェアによる詐欺被害など手口が巧妙になり、組織内では情報セキュリティ事故の防止に苦慮されている部署が増えています。また、…

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004817


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ