【第1回】兼務のIT推進者がIT活用を成功させるには

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/04/02

経営者に知って欲しい、IT推進者の悩み

自己紹介
一般社団法人 千葉IT経営センター 理事 鬼澤 健八
主な経歴
ミサワホームで20年(営業・経理の実務、業務監査、経営企画、IT企画運営)の社内IT利活用を経験後、(財)千葉県産業振興センターのITアドバイザーに従事。現在は、おにざわIT経営支援オフィスとして独立…

【第1回】兼務のIT推進者がIT活用を成功させるには

 私は現在、独立して中堅・中小企業の経営とIT活用の支援をしているが、 独立前の会社勤務時代に、300名程度の企業に出向して、経営の企画・管理を本業にしながらIT化推進を兼務で実施していました。経営に役立てるIT活用の仕事を本格的にやりたくて、40歳前半で会社を飛び出してしまいましたが、中堅・中小企業では、総務・会計・営業等と兼務でIT推進をしている方が多いのが実態です。私が今まで訪問した企業でも、IT活用に関して前向きな社員や、改革意欲の強い社員に依存している企業がたくさんありました。
 そこで、社員の志気が続いているうちに経営者に検討していただければと思い、私が当時悩んでいたことやITコーディネータを経験したことで「こうすればよかった…」と、今でこそ言えることをお伝えしたいと思います。

1

兼務のIT推進者が置かれている“リアルな”現状!「本業は日が暮れてから…」

 当時、私は、経営企画部門に所属しており、経営計画策定や経営計数管理、金融機関等の対外的な経営書類のやりとり、子会社管理等が主業務で、その本業の隙間でIT推進を兼務していました。
その内容は、サーバの運用や社内ネットワーク管理、社員のIT教育・パソコンヘルプデスク、ホームページの問合せ・更新、ITに関する様々な社内相談、そして各部署のIT導入の稟議審査などでした。
 会計業務を中心とした基幹業務は、中型汎用機と限定したコンピュータで機能していましたが、Windows系の業務コンピュータを活用したIT化は進んでおらず、自らIT推進の仕事を作って自分が担当させてもらっていました。

■昼間は「ちょっと教えて…?」の対応に追われる日々

 まずは全社員のIT活用レベルを上げねばと思い、毎年「経費予算」を捻出しながらオフィスソフトが入ったパソコンを購入していきました。しかし、利用者が増えるごとに質問やトラブル対応も増していき、「ログインできなくなった」「印刷ができなくなった」などの“ちょっと教えて”といった社内電話が日中増えてきました。
高度な相談だと、エクセルの関数についてや、「業務ソフトを探してきたがサーバに入れられるか」などの相談もありました。社内研修でエクセル初級編だけは実施していましたが、前向きな方は自分で本を購入して関数も活用しようとしていたようです。
 また、何人かリーダー的な存在を作れればその人が広めてくれると思い、リーダー的な存在になりそうな方には、特に時間をとって教えるようにしていました。このような、“いい人”的な対応を続けていたら、気が付くと、昼間は“ちょっと教えて”の対応が多くなり、本業は日が暮れてから始めるか、質問がこない休日にこなす…といった状態が約2年ほど続いていました。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT推進/【第1回】兼務のIT推進者がIT活用を成功させるには 」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT推進」関連情報をランダムに表示しています。

IT推進」関連の特集


営業に必要なスキルのひとつ「プレゼンテーション能力」について、その能力を向上させるためのポイントを解…



システム老朽化と業態変化による“現状の業務フローとの食い違い”が課題だった宇宙用部品などの開発支援企…



「ここで断られたら、今まで築いてきた信頼関係が崩れてしまう…」クロージングは必要以上に恐れる必要はあ…


このページの先頭へ

IT推進/ 【第1回】兼務のIT推進者がIT活用を成功させるには 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT推進/ 【第1回】兼務のIT推進者がIT活用を成功させるには 」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004812




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ