災害時の業務継続を考えたデータバックアップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

災害時の業務継続を考えたデータバックアップ

2012/03/28


東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手県一関市。水道は断水し、全壊・半壊など住家被害も600件を超す。そのほか電気やインターネットの寸断も起きてしまった。この影響により、清水秀悦司法書士事務所でも情報システムに障害が発生し、その結果、事業が停滞してしまった。その苦い経験から、情報システムを再度構築。クライアントPCのバックアップも定期的に行うようになり、システムの信頼性・安全性を大きく高めた。

※「事業継続/災害時の業務継続を考えたデータバックアップ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「事業継続/災害時の業務継続を考えたデータバックアップ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

清水秀悦司法書士事務所
創業/1987年
業務内容/登記・供託、裁判事務、成年後見
不動産や商業・法人登記のオンライン申請

導入製品・ソリューション

ShadowProtect
株式会社ラネクシー
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

東日本大震災の影響で電気やインターネットが寸断され、その結果、情報システムに障害が起きた。災害時でもシステムを守るような仕組みが必要となった。

キヤノンシステムアンドサポートがシステム再構築を提案し、情報機器に無停電装置を設置。更に、バックアップシステムとしてShadowProtectを導入。

無停電装置を設置したことで、安全なシャットダウンを可能になったほか、ShadowProtectでクライアントPCのシステムやデータのフルバックアップを行い、システム復旧の簡易化と、ダウンタイムの短縮に成功した。


1

東日本大震災の影響で大きな揺れを記録!停電により情報機器に障害発生

清水秀悦司法書士事務所は、司法書士である清水秀悦氏が1987年に岩手県一関に開業した司法書士事務所だ。司法書士事務所は一般的に「登記・供託」「裁判事務」「成年後見業務」などを主な業務としているが、清水秀悦司法書士事務所の場合、不動産登記や商業登記などを中心に業務を展開している。最近では不動産や商業・法人登記事務の ICT化が進んでおり、インターネットを通じて登記をすることが多くなっており、清水秀悦司法書士事務所にとってもITは欠かすことができないインフラとなっている。

2011年3月11日の東日本大震災で、一関は震度6弱の揺れを記録し、大きな被害が出た。死者や行方不明者が出なかったのは不幸中の幸いだが、住家被害は全壊54棟、半壊587棟、一部損壊は2966棟、更に停電や断水にも見舞われるなど甚大なものに。中でも停電の被害は深刻で、震災直後から電気の送出が停止され、一関全域の電気が復旧したのは震災から4日後の3月15日のことだった。

清水秀悦司法書士事務所は、建物の被害はなかったものの、停電によって電話やIT機器の多くが利用できなくなり、事実上業務がとまってしまったという。清水氏によると、送電開始後もしばらくはインターネットが使用できない状況であったという。原因は震災後の停電によりルータが故障したためであったが、当初はどこに原因があるのか分からなかったという。

担当者のナマ声:事業継続の観点から、システムの見直しが必要!

清水秀悦司法書士事務所では、今回の震災を機に、災害時でもシステムを守るような仕組みが必要なったという。清水氏に震災当時の状況を語ってもらった。

「オンライン申請が利用できなくなり、大変困りました。期限が迫っている申請もありましたが、法務局も被災してしまい、受付けてもらえない状況でした。

外部での障害であれば仕方ありませんが、事務所内のシステムに原因があって事業が継続できないとなれば、私に責任があります。

そこで災害の影響を最小限に抑えるため、システムを事業継続という観点から見直す必要があると考えました。」(清水氏)

震災当時の状況を語る清水氏
震災当時の状況を語る清水氏

清水秀悦司法書士事務所 清水秀悦氏


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

事業継続/災害時の業務継続を考えたデータバックアップ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「事業継続」関連情報をランダムに表示しています。

事業継続」関連の製品

「ハイパーコンバージド+バックアップ」が成功の方程式、納得の理由は? 【ベリタステクノロジーズ+他】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
垂直統合型システム バックアップサービス ルーター
ハイパーコンバージドインフラの導入に乗り出す企業が相次いでいる。一方で、課題として浮上しているのがデータのバックアップだ。成功を目指す企業が取るべき方策とは。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

事業継続」関連の特集


マルチデバイス対応が進み、更に利便性が増した「文書管理ツール」。ソーシャル時代に生まれた新しいコラボ…



 ICT運用品質を議論する時の指標として、「システム基盤の非機能要件」が真っ先に挙げられる。非機能要…



グローバル市場で長い間、競争力強化に向けた効率的な働き方を追求し続けているデル株式会社に取り組みの全…


事業継続」関連のセミナー

事業継続計画(BCP)策定トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 6月26日(月),9月22日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースでは、事業継続計画(BCP)の目的や概要を理解し、BCPを策定する手法を学びます。BCPとは事業の業務の中断・阻害に対応して、事業を復旧・再開し、あらか…

東京・大阪・名古屋3都市開催 サイバーレジリエンスセミナー 【マカフィー】 締切間近 

開催日 6月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本国内においても、学術分野にて『サイバーレジリエンス構成学研究室』が発足されるなど、サイバーレジリエンスに対する興味の高まり、考え方を取り入れた対策の必要性が…

BC(事業継続)演習トレーニングコース 【BSIグループジャパン】 締切間近 

開催日 3月16日(木),6月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

昨今の地震や災害などの不慮の事態を想定し、事業継続計画(BCP)策定に注目が集まり実際に策定している組織も増加してきております。しかし、手順書を策定しただけでは…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

事業継続/ 災害時の業務継続を考えたデータバックアップ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「事業継続/ 災害時の業務継続を考えたデータバックアップ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004776


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ