システム統合でシステム部門費用を50%削減

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

システム統合でシステム部門の費用を50%削減

2012/03/29


アングル・ミユキは1894年創業の高級肌着メーカー。同社はそれまで個別に稼働していた生産、販売、会計の各システムを統合して「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」を推進するため、業務管理システムの再構築に乗り出した。システム再構築の選択肢はいくつかあったが、その中から同社が選んだのがERPパッケージ「GRANDIT」の導入だった。

※「業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

アングル・ミユキ株式会社
設立/1894年
所在地/大阪府大阪市
事業内容/高級肌着の企画、製造、販売
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

GRANDIT
日商エレクトロニクス株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

従来の自社開発システムは積み上げ式で構築していたため、システムの維持管理コストが膨れ上がっていた。また、生産、販売、会計の各システムが個別に稼働していたため、業務を一貫して把握することが困難だった。

ERPパッケージ「GRANDIT」を導入してシステムを統合。アドオンで開発したシステムの操作画面もGRANDITと同じ画面構成になっているので、ユーザにとっては統合された1つのシステムとして利用できる。

システムの運用管理をアウトソーシングしたことにより、システム部門の費用を導入前の半分以下に削減できた。業務面では、データを一元管理できるようになり、決算や業務のスピードが向上した。


1

システム統合で「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」を目指す

 アングル・ミユキは、テキスタイル、アパレル、高級肌着などの事業を行っている御幸グループの中でも最古の歴史を誇る会社だ。1894年の創業以来120年近くもの間、常にお客様の立場に立った価値ある製品を送り出してきた。現在では、「アサメリー」「エアメリー」「リーガル」「N-One(エヌ・ワン)」といったブランドで、独自の味わいと快適さを備えた高品質なインナーウェア(肌着)を中心に事業を展開している。

 同社は2006年8月に完全Web対応ERP「GRANDIT」の導入を決定し、業務管理システムの再構築に乗り出した。当時同社が使用していたITシステムは自社で開発したもので、長年に渡って積み上げ式で構築していったため、業務を改善するためにシステムを変更しようとしても、その影響がどこに及ぶのか、どこまでシステムに手を加えればいいのかが分からないような状況だったからである。また、生産、販売、会計の各システムが個別に独立して稼働しており、生産−流通−販売といった業務を一貫して把握することが困難だったという。

担当者のナマ声:ITシステムを統合することで、一気に業務改革を推進させようと考えました。

 GRANDIT導入の目的を専務取締役管理本部長の西村良吉氏は次のように語る。

 GRANDITを導入した目的は2つ。ITシステムの統合による「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」です。しかし、この2つの目的は別々のものではなく、密接した関係にあります。なぜなら、業務改革を推進するためにはITシステムの見直しも必要となるからです。

 業務を改革することは、業務をスピードアップし、精度を向上させ、更にコストを削減することで、企業としての競争力を強化するということに結びつきます。その一方で、ITシステムの維持管理コストも膨れ上がっていたので、もっとシンプルで使いやすく、業務効率を向上させることができる仕組み、すなわちこれまで個別に稼動していたITシステムを統合することで、一気に業務改革を推進してしまおうと考えたのです。
(専務取締役 管理本部長 西村良吉氏)

アングル・ミユキ 専務取締役 管理本部長 西村良吉氏

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務の効率化」関連情報をランダムに表示しています。

業務の効率化」関連の製品

テクノマーククラウド+ 【ソフトバンク】 「採用管理システム」11製品を徹底比較――導入のポイントは? 【Donuts】 日配食品業向け販売管理システム SkynetDish 【東計電算】
サービスデスク 人事管理システム 販売管理システム
AI導入で問い合わせ対応はどう変わる? メール殺到でも迅速に回答できる理由 「せっかく導入したのに使わない!」を防ぐには? 採用管理システムを一挙比較 日配食品業の業務や商慣習に対応した「販売管理」「購買管理」「製造管理」「在庫管理」を1システムで提供。情報の見える化、合理的かつ効率的な情報管理を実現する。

業務の効率化」関連の特集


コスト削減、セキュリティ対策、グリーンIT…言うは易し行うは難し…。数々の課題を「複合機」から解決し…



CRMの力を100%引き出すには、導入前にどのような準備を整える必要があるのでしょうか。今回はCRM…



グループウェアも社内ブログもうまく使いこなせなかった……いろいろと経験したみんなが「社内SNS」に注…


業務の効率化」関連のセミナー

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害に対する対応作業が、仮想技術の定着にともない増加しております。運用業務の効率化、作業品質の向上がより一層求められて…

予算管理システム ハンズオン+活用事例紹介セミナー 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 4月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理システム fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた…

―隔週開催― SAP Business One 体験・相談会【東京開催】 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】  

開催日 3月30日(木),4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAPが中堅・中小企業または大企業の子会社向けとして提供しているERP製品です。■最新で正確な情報を取得し、業務の効率化に …

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務の効率化/ システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務の効率化/ システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004775


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ