システム統合でシステム部門費用を50%削減

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

システム統合でシステム部門の費用を50%削減

2012/03/29


アングル・ミユキは1894年創業の高級肌着メーカー。同社はそれまで個別に稼働していた生産、販売、会計の各システムを統合して「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」を推進するため、業務管理システムの再構築に乗り出した。システム再構築の選択肢はいくつかあったが、その中から同社が選んだのがERPパッケージ「GRANDIT」の導入だった。

※「業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

アングル・ミユキ株式会社
設立/1894年
所在地/大阪府大阪市
事業内容/高級肌着の企画、製造、販売
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

GRANDIT
日商エレクトロニクス株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

従来の自社開発システムは積み上げ式で構築していたため、システムの維持管理コストが膨れ上がっていた。また、生産、販売、会計の各システムが個別に稼働していたため、業務を一貫して把握することが困難だった。

ERPパッケージ「GRANDIT」を導入してシステムを統合。アドオンで開発したシステムの操作画面もGRANDITと同じ画面構成になっているので、ユーザにとっては統合された1つのシステムとして利用できる。

システムの運用管理をアウトソーシングしたことにより、システム部門の費用を導入前の半分以下に削減できた。業務面では、データを一元管理できるようになり、決算や業務のスピードが向上した。


1

システム統合で「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」を目指す

 アングル・ミユキは、テキスタイル、アパレル、高級肌着などの事業を行っている御幸グループの中でも最古の歴史を誇る会社だ。1894年の創業以来120年近くもの間、常にお客様の立場に立った価値ある製品を送り出してきた。現在では、「アサメリー」「エアメリー」「リーガル」「N-One(エヌ・ワン)」といったブランドで、独自の味わいと快適さを備えた高品質なインナーウェア(肌着)を中心に事業を展開している。

 同社は2006年8月に完全Web対応ERP「GRANDIT」の導入を決定し、業務管理システムの再構築に乗り出した。当時同社が使用していたITシステムは自社で開発したもので、長年に渡って積み上げ式で構築していったため、業務を改善するためにシステムを変更しようとしても、その影響がどこに及ぶのか、どこまでシステムに手を加えればいいのかが分からないような状況だったからである。また、生産、販売、会計の各システムが個別に独立して稼働しており、生産−流通−販売といった業務を一貫して把握することが困難だったという。

担当者のナマ声:ITシステムを統合することで、一気に業務改革を推進させようと考えました。

 GRANDIT導入の目的を専務取締役管理本部長の西村良吉氏は次のように語る。

 GRANDITを導入した目的は2つ。ITシステムの統合による「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」です。しかし、この2つの目的は別々のものではなく、密接した関係にあります。なぜなら、業務改革を推進するためにはITシステムの見直しも必要となるからです。

 業務を改革することは、業務をスピードアップし、精度を向上させ、更にコストを削減することで、企業としての競争力を強化するということに結びつきます。その一方で、ITシステムの維持管理コストも膨れ上がっていたので、もっとシンプルで使いやすく、業務効率を向上させることができる仕組み、すなわちこれまで個別に稼動していたITシステムを統合することで、一気に業務改革を推進してしまおうと考えたのです。
(専務取締役 管理本部長 西村良吉氏)

アングル・ミユキ 専務取締役 管理本部長 西村良吉氏

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

業務の効率化/システム統合でシステム部門費用を50%削減」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務の効率化」関連情報をランダムに表示しています。

業務の効率化」関連の製品

クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 次世代型Excel帳票システム ExReport 【フォー・ズィー・コーポレーション】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ID管理 電子帳票システム 勤怠管理システム
業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 特別なソフトや知識なしで簡単にExcel帳票が作成でき、インターネット経由で拠点などへ展開可能。ユーザ側での入力、データベースへの反映などが可能なExcel帳票システム。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。

業務の効率化」関連の特集


ユビキタス社会を実現する技術として、注目されている「RFID」。“バーコードとの違いは何?!”と思っ…



新規顧客との取引の際に、予想以上に手間となるのが与信管理作業。今回は、請求書発行業務から代金回収をシ…



企業のIT担当者592人対象に「無線LANの導入状況」を調査。導入の有無、導入規模、セキュリティ対策…


業務の効率化」関連のセミナー

食品製造者向け:「IT導入補助金」活用方法のご紹介セミナー 【JFEシステムズ】  

開催日 5月16日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

このたびIT導入補助金(※)の対象にMerQurius Netが認定されました。IT導入補助金を活用してMerQurius Netをご導入いただけます。従来比1…

販売管理・会計管理のクラウド化で業務改善セミナー 【コクヨ/電算システム】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

販売管理システム、会計管理システムは、もはや企業活動にとって欠かすことのできない仕組みです。では、それを自社で運用する方がいいのか?あるいはクラウドを活用するべ…

AIのビジネス活用セミナー 【日立システムズ】 締切間近 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「AI」「IoT」「ビッグデータ」などのITキーワードが注目されはじめてから久しくなり、多くの企業さまでの重要な検討課題となっていたり、すでに取り組み始めておら…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務の効率化/ システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務の効率化/ システム統合でシステム部門費用を50%削減」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004775


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ