生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

作業をペーパレスで標準化させ、効率アップを実現

2012/04/10


明治屋食品工場では、食品の安全と安心の確保を大前提とし、更なる品質管理体制の確立と業務改革を目的として、生産部門における基幹業務の新システム導入の検討を2005年から開始した。導入に際して、国内3社のERPベンダに提案依頼(RFP)し、製品の機能や性能だけではなく、相互信頼関係を築き業務改革のパートナーになれる企業かどうかなどを総合的、統合的に判断し、日本電子計算の「JIPROS」を選定した。導入の背景や構築した生産基幹システムの成果について、製造部生産管理課の小池圭司課長に話を伺った。

※「業務の効率化/生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「業務の効率化/生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社明治屋食品工場
従業員数/約100名
事業内容/ジャム、清涼飲料などの製造
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

中堅製造業向けERP「JIPROS」
日本電子計算株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

■伝票起票と入力処理が重複しており、また他部署とのデータ連動が不十分であった
■オフコン帳票を基にした手入力による資料作成が多く、集計作業に時間を費やした
■旧開発言語のため、ドキュメント不備によるメンテナンスに、コストと時間が増大していた

■「JIPROS」を生産業務の基盤とし、情報の可視化を実現
■「JIPROS」を導入し業務改革の実現

■生産・購買・出荷・品質管理情報の一元化
■伝票及び帳票の削減
■ハード機器の更新により、運用の安全性とセキュリティ管理の向上


1

2007年問題への取り組みをきっかけに旧システムからの刷新を決定

 東京都中央区京橋にある明治屋の製造部門にあたる明治屋食品工場は、「いつもいちばんいいものを」という経営理念のもとに、“お客様がいつでも安心してお召し上がりいただけ、ご満足いただける製品づくり”に励んでいる。現在は、ジャム、シロップ、ジュースなどを中心に、約150種類の製品を製造。同社の製造部生産管理課の小池圭司課長は、情報基盤の整備に向けた新生産基幹システムの導入経緯について、次のように振り返る。

担当者のナマ声:システムのオープン化と時代の要求に合わせた基幹システムの整備が必要

 新生産基幹システム導入前の当社では、オフコンベースで、生産・販売・在庫管理から、勤怠・給与・会計・固定資産にいたるまで、会社全体に関わるすべての業務を自社で開発し運用していました。

 環境の変化にともない継ぎ足してきたプログラムは約4000本あまりとなり、業務保守が負担となっていました。2005年に約9割のプログラムを開発作成していた社員が退職することから、システムのオープン化と時代の要求に合わせた基幹システムの整備が必要だと考えたのです。

(製造部生産管理課 課長・小池圭司氏)

JIPROS導入プロジェクト ミーティング風景

 同社では、製造部門に特化したシステム構築を目的とし、新生産基幹システムの導入を決断。そして食品の安全と安心の確保、更なる品質管理体制の確立、業務改善による企業体質の強化を目標としたシステム選定に入った。

 「導入ベンダの選定にあたっては、依頼した3社の製品の機能やコスト、セールスポイントを評価しただけではなく、当社の業務改革のパートナーになれる企業かどうか、将来を見据え、ともに仕事ができる企業かどうかを判断し、日本電子計算の『JIPROS』に決定しました。」と小池圭司課長は選定の理由を説明してくれた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

業務の効率化/生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務の効率化」関連情報をランダムに表示しています。

業務の効率化」関連の製品

食品卸売業向け販売管理システム SkynetGrocery 【東計電算】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 「採用管理システム」11製品を徹底比較――導入のポイントは? 【Donuts】
販売管理システム 文書管理 人事管理システム
食材卸業務に特有の運用・業務をシステム化した食品卸業向け販売管理システム。ASP型での利用が可能。 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 「せっかく導入したのに使わない!」を防ぐには? 採用管理システムを一挙比較

業務の効率化」関連の特集


タブレットをビジネスシーンで有効活用するためには、導入における「心得」がある! 多くの企業へタブレッ…



ウチには関係ない。ツールを試したが居心地が悪くなっただけ……。働き方改革が進まない理由は、もっと組織…



さまざまなコンテンツの管理サイクル全体をサポートできる「ECMツール」。基礎から最新動向までをわかり…


業務の効率化」関連のセミナー

―隔週開催― SAP Business One 体験・相談会【静岡開催】 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】  

開催日 4月6日(木),4月20日(木)   開催地 静岡県   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAPが中堅・中小企業または大企業の子会社向けとして提供しているERP製品です。■最新で正確な情報を取得し、業務の効率化に …

予算管理システム ハンズオン+活用事例紹介セミナー 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 4月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理システム fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた…

導入事例に学ぶ!プロセス製造業でのパッケージ活用術 【主催:コベルコシステム/協力:東洋ビジネスエンジニアリング】  

開催日 4月20日(木)   開催地 兵庫県   参加費 無料

プロセス系製造業のお客様が抱えられる共通的な課題および特徴的な要件を取り上げ、パッケージによる対応範囲、テンプレートでの対応範囲を事例を交えてご紹介します。 …

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務の効率化/ 生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務の効率化/ 生産部門を行き交う膨大な伝票・帳票を排除!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004768


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ