印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンティング環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現

2012/08/20


業務改善の一環として帳票定型化を進めていたほか、約30台のドットプリンタと3台のラインプリンタの保守サポートが終了するなど、印刷環境の見直しが必要になっていた滝川株式会社。リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパンが提供する「Mapping Suite」の導入で基幹システムのスプールファイルをPDF化し、ドットプリンタ及びラインプリンタの代わりに導入したレーザープリンタから印刷できるようにした。その結果、プリンティング環境の刷新に着手できたほか、買い換えコスト50%、帳票定型化によりランニングコスト20%削減を実現した。

※「帳票/印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「帳票/印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

滝川株式会社
資本金:1億8000万円
売上高:190億円
従業員数:350名
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

Mapping Suite
-
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

業務改善の一環として帳票定型化を進めていた。また、約30台のドットプリンタと3台のラインプリンタの保守サポートが終了するなど、印刷環境の見直しが必要になっていた。

「Mapping Suite」を使って基幹システムのスプールファイルをPDF化し、ドットプリンタ及びラインプリンタの代わりに導入したレーザープリンタから印刷できるようにした。

プリンティング環境の刷新に着手できたほか、ドットプリンタやラインプリンタをレーザープリンタへ切り替えたことにより、買い換えコストを50%、帳票定型化によりランニングコストを20%削減できた。


1

業務改革プロジェクトに沿って、現場からはシステムに対して約40件の改善要求が

■販売物流システムの再構築が検討され始めた
理容・美容・エステ・ネイル関連の用品や機器及び設備を販売する総合商社である滝川株式会社は、システム/38時代から40年近くにわたり、System i上で販売・仕入・在庫・入出庫の各システムを開発・運用してきた。しかし2007年に入ると、全社的な業務改革プロジェクトに合わせて、販売物流システムの再構築が検討され始めたという。業務改革プロジェクトでは、物流の効率化、EDIの構築、受注入力インターフェースの改善などを軸に、現場からはシステムに対して約40件の改善要求が寄せられていた。
 
これに対し、情報システム部ではSystem iのリプレースを含めたいくつかの実現手法を検討したが、IAサーバ上でのシステム再構築は、当初想定した以上の開発コストが必要になると判明。そのため、既存のプログラム資産を最大限に活用しつつ、必要なプログラムの追加・修正を実施し、また経理システムは新たにパッケージ製品を導入することで、新たな業務要件に対応することになった。
 
■帳票の定型化と印刷環境の見直しは大きな課題だった
こうした改善要求の重要な項目の1つに、「帳票の定型化(A4 用紙への統一)」がある。またちょうどその頃、同社では既存プリンタの保守切れにともなう印刷環境の見直しという問題も浮上していた。長く使用していたドットプリンタの保守サポートが終了し、約30台の買い替えが必要になっていたのに加え、情報システム部及び流通センターで使用していた合計6台の高速ラインプリンタのうち、3台の保守が終了、残る3台も順次終了予定で、3年以内にすべてのプリンタを買い替える必要があった。

当時の様子を、情報システム部兼インターネット事業担当、川井孝臣課長は以下のように語る。

担当者のナマ声:既に導入済みのオフィスプリンタを活用して投資を抑えたかった

「この場合、新規プリンタの購入に約3000万円の投資が必要と試算されました。そこで可能な限り新規プリンタへの投資は抑え、各拠点や部門で既に導入している、各メーカーの多種多様なオフィスプリンタを活用可能にする。その目標に向け、新たなプリンティング環境を検討することになりました」

情報システム部兼インターネット事業 課長
川井 孝臣氏

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

帳票/印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票」関連情報をランダムに表示しています。

帳票」関連の製品

待ち行列管理システムQMATIC(キューマティック) 【ベッセル】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 電子帳票ソリューション「FiBridgeシリーズ」 【JFEシステムズ】
受付システム データベースソフト 電子帳票システム
窓口受付における順番待ちのストレス解消による顧客サービスの向上、待ち時間の縮小、ワークフローの改善などを実現する待ち行列管理システム。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 シリーズ製品の「FiBridgeII」は3000社以上の導入実績があり、10年連続シェアNo.1の電子帳票システム。超高速変換/検索、高い拡張性、充実のセキュリティ機能などが特長。

帳票」関連の特集


原料調達、バルク製造、充填、包装・仕上げ、検査、出荷といったプロセスを経て生産される化粧品。生産スケ…



利用するには専門の知識が必要だと思われていたBIツール。最近ではネット検索するように、簡単に使えるツ…



2008年4月には日本版SOX法が施行される予定で上場企業とそのグループ会社は内部統制への取り組みが…


帳票」関連のセミナー

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 11月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

100分で学べる!SVF製品まるわかりセミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 10月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

19500社超に導入いただいた、国内シェアNo.1(※)帳票ツール「SVF」は、その圧倒的な実績と機能で帳票システムの基盤化を実現いたします。本セミナーでは帳票…

ゼロから100分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 11月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、SVFをはじめてご覧になられる方や既にSVFをご利用中のお客様へ製品概要をわかりやすくお伝えいたします。ご参加の方へノートPCをお配りし、実機に…

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

帳票/ 印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「帳票/ 印刷環境刷新で様々なプリンタでの出力を実現」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004757


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > オフィス機器 > プリンター > プリンターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ