Javaの実績がなくても大規模システムを開発!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

Java開発実績がなくても、大規模システムの開発に成功!

2012/04/03


 個別最適から全体最適への転換を目指し、庁内システムの全面刷新に乗り出した北九州市は、新システムの大規模な入札を実施。西日本コンピュータが他社を抑えて人事給与システムを受注したのだが、決め手となったのは「Web画面開発ツール」の導入だった。

※「業務の効率化/Javaの実績がなくても大規模システムを開発!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「業務の効率化/Javaの実績がなくても大規模システムを開発!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

西日本コンピュータ株式会社
創業/1968年2月1日
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

Web Performer
キヤノンソフトウェア株式会社
企業サイトへ
「Web Performer」
業務用Webアプリケーション開発ツール


課題 導入システム 効果

庁内システムの全面刷新に乗り出した北九州市から人事給与システムを受注。新システムには、ハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開発が必要だった。

ノンプログラミングでWebアプリケーションを100%自動生成。Java開発実績がなくても1000画面以上の大規模システムを開発できる。処理形態ごとに画面をパターン化し、効率的な画面作成が可能。

開発工数を大幅に削減できるため、顧客の要求する納期を守りつつ、更に開発の付加価値を高められ、顧客の信頼を獲得できた。ソースコードの属人性排除で、開発者リソースの効率的マネジメントを実現。


1

不慣れなJava、遅れが許されない納期。それでもお客様の期待に応えたい!

 北九州市の新システムには、ハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開発が必要となったが、西日本コンピュータはその経験・ノウハウ・リソースが乏しい状況だった。そこで、100%Javaソースコードを自動生成する『Web Performer』の利用を前提に提案。新規開発時の生産性と運用保守時の改修による生産性の高さをアピールし、総合評価でコンペに勝利した。

 まずは、『Web Performer』導入のきっかけになった開発案件の概要について、西日本コンピュータ システム 技術部 部次長で、この開発プロジェクトの責任者でもある石原 和典 氏に聞いてみた。

担当者のナマ声:移植性の高さが求められ、開発の経験やリソースに不安を抱えるJavaによる開発に…。

 北九州市様では平成18年度に北九州市IT推進計画を策定、システム再編に加え、個別導入されてきた業務システムを全体最適化の視点から抜本的に見直すことになりました。順次多くのシステムが調達される中に『人事給与システム』も含まれていました。

 入札仕様書では、ホストコンピュータを核とする既存業務システムから脱却し、各種業務アプリケーションは統合された次期システム基盤上で稼働するアーキテクチャを採用することが要件でした。このため特定のハードウェアやミドルウェアに依存しない、標準的なAjaxを利用したユーザインターフェースの採用と、Javaによる開発を謳うことが決まりました。しかし、私たちは市役所の業務には精通しているものの、Java開発の経験やリソースに不安があり、厳しい納期を守り、膨大な画面設計などをいかにしてこなすのか、それが課題でした。そこで『Web Performer』を導入することにしたのです。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

業務の効率化/Javaの実績がなくても大規模システムを開発!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務の効率化」関連情報をランダムに表示しています。

業務の効率化」関連の製品

契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める 【エヌシーアイ総合システム】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】
ワークフロー 文書管理 ワークフロー
「e-文書法」対応の鉄則、契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。

業務の効率化」関連の特集


SFA、CTIなどのフロントオフィスの個別ソリューションとして始まったCRM。現在は失敗しない手法も…



内部統制の手助けとなるワークフローツール。基礎解説に加え、より業務を効率化できるモバイル決裁など、最…



IT担当者312人を対象に「中小企業のIT導入状況」の調査を実施。「満足度」「重視ポイント」などから…


業務の効率化」関連のセミナー

「ほぼ、自動電子化!」無料セミナー 【共催:ハイパーギア/システムズ・デザイン】  

開催日 2月10日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

複合機がオフィスのネットワークにつながり、スキャナ機能が年々強化されたことにより、オフィスで発生する紙文書や伝票類を複合機でスキャンして電子化するケースが増えて…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害に対する対応作業が、仮想技術の定着にともない増加しております。運用業務の効率化、作業品質の向上がより一層求められて…

予算管理システム ハンズオン+活用事例紹介セミナー 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 2月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理システム fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務の効率化/ Javaの実績がなくても大規模システムを開発!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務の効率化/ Javaの実績がなくても大規模システムを開発!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004746


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ