書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

書き込みサイトを中心に生徒のアクセス管理を実現!

2012/03/28


大阪女学院中学校・高等学校では、およそ100台の授業用パソコンを対象にネットスターのフィルタリングサービス「サイトアンパイア」を導入。掲示板やブログのようなインターネットの書き込みサイト閲覧をブロックする一方、教科の学習に必要な各種情報サイトの利用を可能にするなど、教育現場におけるパソコンの活用実態に即した柔軟な設定・管理を実現した。

※「セキュリティ対策/書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ対策/書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

大阪女学院中学校・高等学校
在校数/中高で約1600名(2007年4月当時)
前身は1884年創立のウヰルミナ女学校
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

サイトアンパイア
ネットスター株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

同校では、パソコンが利用できる環境づくりを推進してきたが、利用環境の充実とともに授業時間に掲示板やブログの書き込みを行う生徒が増えるなどの弊害も発生。書き込みサイトの閲覧規制を検討することとなった。

規制の方法としてはフィルタリングに注目。ISPのフィルタリングサービスでは対応が難しく、サーバインストール型ではコスト高なので、ルータ組み込み型のフィルタリングサービス「サイトアンパイア」を導入することとした。

書き込みサイトなどのブロックと、情報系サイトの自由なアクセスを共存させた柔軟なアクセス環境を実現。児童生徒による掲示板やブログの乱用が社会問題となっている中、同校の試みは、教育現場のモデルケースとして注目を集めつつある。


1

トラブル防止のため、校内パソコンからの掲示板、ブログ閲覧の規制が必要に

■学内パソコンからの掲示板・ブログ書き込みが問題に!
大阪女学院中学校・高等学校は1884年に創立されたミッションスクールを前身とする名門女子校。1996年に校舎を改築した際、情報教育の充実を図るべくコンピュータ教室を新設し、LL教室と合わせておよそ100台のパソコンを導入。学内に設置したファイルサーバには生徒全員分のフォルダが用意され、教科ごとの利用のほか、放課後のサークル活動や自習などにもパソコンが利用できる環境となった。

しかし、利用環境の充実とともに授業時間内に掲示板やブログの書き込みを行う生徒が増えるなどの弊害も発生。更に、ブログへの書き込みが原因となって学校に来にくくなる生徒が出る事態となり、対策として書き込みサイトの閲覧規制を検討することに。

■書き込みサイトのアクセス管理と情報教育の両立を求めて試行錯誤
規制の方法として同校ではフィルタリングに注目。当時利用していたISPのフィルタリングサービスを検討したが、このサービスでは同校の100台という端末をカバーできずに断念。そこに、学校向けフィルタリングサービスを提供しているISPがあるとの情報を得て、さっそくISPを乗り換えたが、このサービスも実際に運用してみると書き込みサイトがブロックされない不都合が判明し、対策は振り出しに…。

担当者のナマ声:書き込みサイトの閲覧規制を検討しました

書き込みサイトの閲覧規制を行うきっかけや、フィルタリングサービス検討を進める中での悩みに関して、中学教頭/コンピュータ委員会の山崎哲嗣先生、ホームページ委員会の上山史郎先生、事務室課長補佐の井上由貴子氏の3者が答えてくれた。

書き込みサイトの閲覧規制を行うきっかけについて
「ブログへの書き込みが原因で生徒が学校に来にくくなるという事態が1〜2度起きたので、学校として何らかの対策が必要でした。その方法として、書き込みサイトの閲覧規制を検討することに。」(上山先生)

「授業中に書き込みをしてはいけないと生徒に言っても、できる環境にしておいては工夫がない。」(山崎先生)

●フィルタリングサービス検討での悩みについて
「契約前に確認ができれば良かったのですが、いざサービスを使用してみると掲示板やブログが表示されてしまうことが分かりました。ビジネス向けのフィルタリングもトライしてみたのですが、今度は厳しすぎて検索サイトやニュースなども表示され
ず、教科の調べ物もできないので断念しました。」(井上氏)

取材に協力してくれた山崎先生
取材に協力してくれた山崎先生

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

セキュリティ対策/書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ対策」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ対策」関連の製品

労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 無償キャンペーン提供中 Ambient Office EMS 評価検討サービス 【日本マイクロソフト株式会社、日本ビジネスシステムズ株式会社】 検知できないマルウェアの侵入を防ぐ、エクスプロイト対策とは? 【ソフォス】
人事管理システム MDM 検疫
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
地味だが苦労の多いデバイスとクラウドIDの管理 一括管理の正攻法とは 検知できないマルウェアの侵入も許さない「エクスプロイト対策」とは?

セキュリティ対策」関連の特集


SSLサーバ証明書の価値が変化している。もはや「クレジットカードの入力フォームを備えたWebページで…



 前回までに、脅威がもたらす組織へのビジネスインパクトについて記載した。今回は、「2010年版 10…



情報漏洩は他人事ではない。不正アクセスやウイルス感染が原因となり、損害賠償の支払いや企業イメージが傷…


セキュリティ対策」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ対策/ 書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ対策/ 書き込みサイトなどへのアクセス管理を実現!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004743


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ