【第3回】“O to Oマーケティング”とその活用例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/03/12

中小企業流“ソーシャルメディア”活用術

自己紹介
ブリッジ・リサーチ&コンサルティング合同会社 阿部 満
主な経歴
富士ゼロックスIT関連企業の営業職後、京セラIT関連企業にて事業開発部長、経営企画部長、コンサルティング部長を経て、ITコーディネータ協会専務理事スタッフに従事。現在、中小企業向けITコンサルティング…

【第3回】“O to Oマーケティング”とその活用例

1

「O to Oマーケティング」を知っていますか?

 ソーシャルメディアマーケティングではツイッターとフェイスブックを活用することが重要であることを、前回の記事でご紹介しました。今回はさらに突っ込んだ内容として「O to Oマーケティング」を踏まえたソーシャルメディア活用術を説明していきたいと思います。
 O to Oとは「オンライン・トゥー・オフライン」の略でネット上のつながりをきっかけに、実店舗や営業により消費者と出会う体験が生み出される…といった意味を持つマーケティング用語です。米国を起点に、いま最も注目を浴びている話題のキーワードです。

O to Oマーケティングの基本原理
O to Oマーケティングの基本原理

 O to Oマーケティング基本原理は至ってシンプルです。オンラインであるネットは集客と販売に向いていますが、実際は言うは易しで、ネットで商品や製品を販売するには専門的なオフライン上の知識を持つ専任者を用意しなければなりません。
 中小企業の多くは、今後オンラインで販売をすることを重視しなければならないと解っていても実際に対応できている中小企業は稀です。しかし昨今では、オンラインの集客の役目を果たすホームページやブログ、メルマガを補完するツールとしてソーシャルメディアのフェイスブックやツイッターが注目を浴びるようになってきました。
 その理由として、オンライン上の信用、品質、価格などに関するソーシャルメディア上の友人、知人の口コミ情報が実店舗や営業活動に大きな影響を持つようなったからです。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/【第3回】“O to Oマーケティング”とその活用例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャルメディア」関連情報をランダムに表示しています。

ソーシャルメディア」関連の製品

非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 【Cloudera】
NAS CRM ビッグデータ
データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤

ソーシャルメディア」関連の特集


なにかと話題の「ビッグデータ」。過大な投資をせず、ビッグデータからの恩恵が得られるように、考え方を整…



幅広いビジネス情報コンテンツ/データベースを提供しているジー・サーチでは、データ分析サービスにも注力…



スマートデバイスなどコンシューマITの業務利用により、サービスデスクに求められる要件は大きく変化して…


ソーシャルメディア」関連のセミナー

11/29開催【働き方改革推進】労務リスク低減セミナー 【ホットリンク/パーソルプロセス&テクノロジー】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本の労働人口は、2060年には4418万人まで減少することが見込まれています(※)。現在、日本では「働き方改革」による一億総活躍社会の実現に向け、テレワーク(…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/ 【第3回】“O to Oマーケティング”とその活用例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ソーシャルメディア/ 【第3回】“O to Oマーケティング”とその活用例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004731


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ