半数以上が知らない!?標的型攻撃の認知率

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    花村 憲一
    Hanamura Kenichi
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター
    情報セキュリティ分析ラボラトリーにて、企業や個人を対象とした情報セキュリティ対策に関する調査研究に従事。
2012/03/13
半数以上が知らない!?標的型攻撃の認知率

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「半数以上が知らない!?標的型攻撃の認知率」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ意識/半数以上が知らない!?標的型攻撃の認知率」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ意識」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ意識」関連の製品

標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】
セキュリティ診断
疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。

セキュリティ意識」関連の特集


 最終回となる今回は、複雑化した凶悪マルウェアともいえる「Web誘導感染型マルウェア」の詳細をおさら…



標的型メール攻撃など、攻撃手段が巧妙化し、当該製品のニーズが高まる中、シェア1位と獲得したベンダとは…



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004726


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ