【第2回】ソーシャルメディアマーケティングの実態

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/03/05

中小企業流“ソーシャルメディア”活用術

自己紹介
ブリッジ・リサーチ&コンサルティング合同会社 阿部 満
主な経歴
富士ゼロックスIT関連企業の営業職後、京セラIT関連企業にて事業開発部長、経営企画部長、コンサルティング部長を経て、ITコーディネータ協会専務理事スタッフに従事。現在、中小企業向けITコンサルティング…

【第2回】ソーシャルメディアマーケティングの実態

1

ツイッターとフェイスブックのビジネス活用法

 ここでは中小企業のソーシャルメディアマーケティング実践の際に考えなければならないポイントをご紹介しましょう。まず、特徴のある3つのソーシャルメディアの分類と商用利用方法です。ここでは紙面の関係でツイッターとフェイスブックを中心に紹介していきます。

■非常に強い関係構築が可能なフェイスブック

 まず、昨今、非常に話題になっているフェイスブックですが、実名登録が前提で個人のページのコンテンツは一部オープンとなっています。基本はフェイスブック上の投稿コンテンツに関して、フェイスブックページの登録者以外には見えないようにクローズした環境となっています。メリットとしてはフェイスブックそのものが実名登録であることから、非常に強い関係構築が可能で、実名という意味での信頼性は抜群です。
 例えば、営業マンが活動する際も、営業担当個人のプロフィールや趣味、日頃のお客様との関係(企業機密情報漏洩にならない範囲)などを公開して、信頼度を向上させてから営業を掛けるとその分、効果的な商談に結び付くでしょう。
 またフェイスブックページ(FBページ)を簡単に作成し公開することができ、フェイスブック上の強いネットワークの中に自社のホームページを持つようなイメージで“企業PR”が可能となります。ただし、あまりにも相手に必要のないPR情報ばかり更新していると徐々にファン(“いいね”ボタンを押して頂いたユーザ)が離れてしまうことになります。

■非常に緩い関係構築に向いているツイッター

 一方、ツイッターの場合は匿名で自由登録が可能ですので非常に緩い関係構築に向いています。メリットとしてはコンテンツがオープンですので、多くの方々との関係構築がフォローとフォロワーの関係で非常に簡単に構築できます。ケースによりますが、特に有名でない方でも何万人もフォロワ―がいたりします。
 デメリットとしては相互の情報が相手に本当に届いているかなど、あまりマーケティング的に有効かどうか判断しにくい面があります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/【第2回】ソーシャルメディアマーケティングの実態」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャルメディア」関連情報をランダムに表示しています。

ソーシャルメディア」関連の製品

SAP HANA プラットフォーム 【インテル】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 インテル 統合分析プラットフォーム 【インテル】
DWH CRM BI
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは? 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」

ソーシャルメディア」関連の特集


 前回、サービスの提供と利用による(ビッグ)データの提供と利用で、相互の関係を取り決める「会員規約」…



 ネット利用が当たり前になったビジネスにおいて様々な脅威に対応したセキュリティ対策を行うことが求めら…



 どうやら、これからのIT活用、スマホ等の最先端機器はますます「使いやすく、生活に深く」入り込んでく…


ソーシャルメディア」関連のセミナー

NTTグループの2017年度事業戦略 【新社会システム総合研究所】  

開催日 7月11日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 1名につき 32,400円(税込)

<1>NTTグループの事業戦略日本電信電話株式会社 経営企画部門 経営企画担当部長 北村 亮太 氏【13:00〜14:15】NTTグループは、2012年11月に…

NTTグループの2017年度事業戦略 【新社会システム総合研究所】  

開催日 7月11日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 1名につき 32,400円(税込)

<1>NTTグループの事業戦略日本電信電話株式会社 経営企画部門 経営企画担当部長 北村 亮太 氏【13:00〜14:15】NTTグループは、2012年11月に…

生活者の本音をどう読み説く?話題のソーシャルリスニング活用 【ブレインパッド】  

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社ブレインパッドは、2017年6月28日(水)に「生活者の本音をどう読み説く?話題のソーシャルリスニング活用セミナー」を開催いたします。マーケター、ブラン…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/ 【第2回】ソーシャルメディアマーケティングの実態」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ソーシャルメディア/ 【第2回】ソーシャルメディアマーケティングの実態」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004715


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ