【第1回】BCP(事業継続)は企業の一大テーマです!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/02/27

BCP(事業継続計画)をはじめよう

自己紹介
新木経営情報研究所 新木 啓弘
主な経歴
新木 啓弘 (しんき よしひろ)2007年4月中小企業診断士登録。ビジネス競争力を高めるための経営基盤として、情報セキュリティマネジメントシステムの構築を推奨。その他、経営相談、事業継続計画(BCP)…

【第1回】BCP(事業継続)は企業の一大テーマです!

 昨今、東日本大震災の影響からか、中小企業の経営者様より「BCP(事業継続計画)」に関するご相談を受ける機会が増えています。そこで今回からは中小企業での「BCP」の必要性とその対応方法について、4回にわたって分かりやすくご説明して行きましょう。

1

自社のBCP(事業継続計画)を策定していますか?

 特に大手企業と取引されている場合、BCPの取り組みについてのチェックリストを受け取っているかもしれません。自社のビジネスを止めないためには、取引先のBCPの取り組み状況をチェックしておかなければならないという動きです。
  いわば、やらされるという第一印象も受けてしまうBCPですが、果たしてどうでしょうか。従業員とその家族、顧客や取引先、すべてがつながって、企業は成り立っています。それらを守るという視点から考えると、企業におけるBCPの取り組みは、社会的責任ともいえるのです。

■従業員とその家族の生活を守る

 たとえば、30人の従業員を雇用している企業でも、従業員の家族も含めると、単純計算しても100人の生活がかかっていることになります。事業を継続して、雇用を守らなくてはいけないのです。そんな責任を企業は負っています。

■自社に万が一のことがあって、顧客や取引先に迷惑をかけてはならない

 今や、ビジネスは、企業間の情報連携なしでは、成り立ちません。何かしらの連携をして、付加価値を作り出すことで、顧客を創造しています。自社に万が一のことがあり、事業が継続できない状態になってしまうことは、自社だけではなく、顧客や取引先など全体に影響を及ぼしてしまうことになるのです。
 BCP策定段階でこのような点を意識し、周りを巻き込んだ策定方法をとることで、“自分勝手”なBCPにならないように注意しましょう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

BCP/【第1回】BCP(事業継続)は企業の一大テーマです!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BCP」関連情報をランダムに表示しています。

BCP」関連の製品

サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取組んだ改善の一手とは 【日商エレクトロニクス】 Mobile Perfect SP 安否確認・アンケートサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】
垂直統合型システム 安否確認システム NAS
サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取組んだ改善の一手とは 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型安否確認・アンケートサービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。

BCP」関連の特集


安否確認、バックアップ環境の起動…訓練をしてもイザという時に上手くいかないのがシステムというもの。今…



セキュリティリスクとダメージで、バックアップの重要性と深刻度が高まりつつある。企業の運用方法は?その…



 みなさん、こんにちは。ニュートン・コンサルティング株式会社の高橋です。第1回では矢澤興業株式会社が…


BCP」関連のセミナー

クラウドストレージへの移行をスムーズに進めるためのポイント 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

オンラインストレージ/クラウドストレージサービスへの移行は進められていますか?法人でクラウドストレージを利用すると場所を選ばずファイルアクセスが可能なため、ファ…

回避しよう!DBのバックアップ、移行時に現れる落とし穴 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 9月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

BCPの重要項目の1つである災害時のシステム復旧はデータロス少なく、短時間で出来ていますか?短時間の業務停止でクラウド等、新環境へ移行が可能です!本セミナーでは…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 9月11日(月),12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BCP/ 【第1回】BCP(事業継続)は企業の一大テーマです!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BCP/ 【第1回】BCP(事業継続)は企業の一大テーマです!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004713


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ