この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方

2012/06/21


  Windows XPのサポートが2014年4月8日に完全に終了する。しかし、まだまだXPは企業システムで現役続行中だ。サポート切れまでだんだん猶予がなくなる一方で、最新のWindows 8の提供が間近に迫っている。Windows VistaやWindows 7への移行を終えていない企業は、これからの移行計画をどう考えればよいだろうか。XPからWindows 8への移行は現実的なのか、Windows 7への移行をこそ考えるべきなのか。今回は、さし迫るサポート終了と新OS登場により、OS移行計画に不安を覚える方のために、企業のクライアントOSとしてのWindows OSの移行の考え方を紹介する。

Windows

※「Windows/Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Windows/Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

針生 恵理

リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ シニア アナリスト 針生 恵理(Eri Hariu)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #40

ガートナー ジャパンにおいて、クライアント・コンピューティング全般にわたる技術動向、市場動向分析と提言を行っている。1998年入社。
ガートナー ジャパン入社以前は、大手メーカーでメインフレーム、オフィス・システムの設計・構築業務に従事。その後、大手半導体メーカーでソフトウェアの市場調査、分析を実施。



1

進んでいないWindows 7への移行

 Windows VistaやWindows 7など、新しいOSの登場に併せて、必ず話題にのぼるのがOS移行のしかるべき時期とコスト効果だ。Vistaは2007年、Windows 7は2009年に登場した。今年の秋にはWindows 8が提供される予定である。ところが、2012年半ばのこの時期にきても、Windows XPが企業システムのクライアントOSとして主力のままの企業が少なくない。現在、多くの企業では、Windows 7への移行プロジェクトが推進されているが、その現状は図1に見るように、決して速いペースとは言えない。そこで、XPから新しいバージョンのWindows OSへの移行を中心に、そのスケジュール、移行メリット、そしてコストについて、改めて考えてみたい。

図1 Windows 7:いつ移行するか(日本) 
図1 Windows 7:いつ移行するか(日本) 
ITデマンド調査2010年11月、2011年11月
出典:ガートナー
1-1

新バージョンへの移行が進まない3つの理由

 XPからVistaやWindows 7への移行が速いペースで進んでいない理由は明確である。アプリケーションが新しいOSに対応できていないか、検証に時間がかかっているからである。その原因として、主に3つのポイントが挙げられる。

■独自アプリケーションの多さがネック

 1つは、日本では自社専用に使いやすいアプリケーションを求める傾向が強いことにある。自社用にカスタマイズしたアプリケーションと自社開発アプリケーションが企業システムに占める割合を調べると、グローバルでは約3割なのに対し、日本ではおよそ6割という高い比率を示す。こうした、企業個々にカスタマイズされたアプリケーションは、たとえ元になっているアプリケーションが新OSに対応したとしても、簡単には移行できない場合もあり、移行を難しくしている。

■UACの対応も問題

 2つ目は、Vistaから追加されたUAC(ユーザアカウント制御)機能である。UACを使うユーザは実際には管理者権限で自分のPCにログインしている場合でも、管理者ではなく標準ユーザとして動作できる。UACを利用すると必要に応じて権限を昇格でき、IT部門が設定した定義に従って、ユーザの権限をコントロールできる。一方で、ユーザの権限の設定や認証の方法などのプランニングが必要になる。また、アプリケーション移行時に、旧アプリケーションのインストールができない場合もあり、移行の障害になる場合もある。既存アプリケーションを新しいUACにどう合わせていくか、ユーザ権限をどう設定するかも企業にとって大きな課題となる。

■Webアプリケーションの改修も課題

 更に、Webアプリケーションの改修にも時間がかかる。Windows XPの標準ブラウザはIE6、Windows 7ではIE8となっている。IE6は、Webの標準に準拠しておらず、多くの企業はIE6に特化したアプリケーションを所有している。これを、IE8に対応させる必要がある。ガートナー グローバルの調査によると、企業の社内開発アプリケーションの40%は正常に動作しないと考えられる。日本では、より細部の表示にこだわる傾向があるので、もっと高い比率になるだろう。実際にIE8での利用を前提にした改修で数千の画面を改変する必要があるケースもあり、「思っていたより工数がかかる」と感じている企業が多いようだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Windows/Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

Windows」関連の製品

企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
ファイル共有 グループウェア ルーター
複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 知る人ぞ知る“コツ” 「Office 365」を活かすためのキーワード LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

Windows」関連の特集


ネットワーク管理者の業務を軽減する機器である「インテリジェントスイッチ」。その基本機能から最新動向ま…



2009年の出荷台数が1343万台であった国内クライアントPC。Windows 7発売の影響とは?同…



セキュリティを担保し、管理負担を軽減するVDI。導入時のイニシャルコストが大きな負担になっていたが、…


Windows」関連のセミナー

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月24日(月)   開催地 香川県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月5日(水)   開催地 石川県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Windows/ Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Windows/ Windows 8登場目前、Windows 7移行の図り方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30004695


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ