企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

企業と顧客を結ぶ大切な“データ”を確実に保管・活用!

2012/06/18


 企業にとって、社内に蓄積されたデータは、貴重な財産だ。だが、バックアップシステムの構築については、なおざりにされるケースが少なくない。今回紹介するのは、犬の写真を大量に撮影・保存している企業の事例。「犬の写真は、企業と顧客をつなぐ最大の絆」と位置づけており、その保存のために、並々ならぬ熱意を込めている。

※「バックアップ/企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社DOGLY
従業員数/約20人
売上高/非公開
事業内容/犬のしつけ教室、ペットホテルなど
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

バックアップソフト「CA ARCserve D2D」
CA Technologies
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

1日あたり数GBのペースで画像データなどが増加。従来はバッチファイルを使ってバックアップを撮っていたが、手間も時間もかかりすぎていた。

バックアップソフトとNAS(ネットワークに接続して使うハードディスク)を導入。

毎日6時間程度かかっていたバックアップ時間が15分に短縮。1万以上の画像ファイルを誤って消した際にも、問題なく復旧できた。


1

1日に“数GB”のペースで保存ファイルが増えていた

■預かっているペットの写真や動画の提供は必要不可欠だった!

 株式会社DOGLYは、東京都台東区で、犬のしつけ方教室やペットホテル事業、トリミングなどのサービスを提供している企業。犬を30日間預かってトレーニングする「ホームステイコース」、日帰りでしつけをする「幼稚園コース」、飼い主自身がしつけ方を学べる「グッドオーナーコース」など、幅広いメニューを提供している。
 競合他社の中には、犬を長時間ケージに入れっぱなしというところも珍しくない。ところが、DOGLYでは1頭あたりのトレーニング・散歩時間をたっぷりと取り、丁寧に世話をするのが特徴だ。ただし、人間の子供なら1日の様子を言葉で説明できるが、犬には「今日もたっぷり遊んでもらったよ」などと飼い主に話すことができない。そこで同社は、散歩やトレーニング、他の犬と交流している様子などを事細かに撮影。「卒業アルバム」(ホームステイコースコース終了時に提供される冊子)やイベントレポート、ブログなどを通じて、愛犬の様子を飼い主に詳しく伝えている。
 DOGLYでは、多い時で50頭前後の犬を預かっている。1頭あたりの撮影枚数は、1日に100枚ほど。そのため、1日で50頭×100枚=5000枚程度の画像ファイルが追加されるわけだ。他にも、犬を撮影した動画、顧客向けのレポート、各種伝票やデータベースなど、膨大なファイルが日々蓄積されており、1日に数GBのペースでデータが増えている状況だった。

図1 飼い主に提供されるレポート
図1 飼い主に提供されるレポート
スタッフが撮影した写真はサーバに保存され、その後、レポートやブログなどに掲載される。愛犬の一日を飼い主にしっかり伝え、信頼を得ることが、リピート率の向上に役立っていると言えるだろう。(写真上は見本)
図2 撮影するカメラは、常時10台以上が稼働
図2 撮影するカメラは、常時10台以上が稼働
DOGLYの備品であるデジタルカメラ。取材当日、スタッフの方々が使用中だったカメラは、ここには含まれていないが、実際には20台以上が用意されていることになる。それぞれ、「ブログ用」「幼稚園コース用」などのように分類されていて、余計な設定などせずに使えるよう工夫されている。

担当者のナマ声:1日に6時間程度もかけてバックアップを行っていた

 「バックアップソフトを入れるまでは、友人のエンジニアに作ってもらったバッチファイルを使い、1日1回、データをファイルサーバ上にバックアップしていました。数千枚の画像ファイルをそのまま処理するとエラーが発生しやすかったので、わざわざ犬ごとにZIPファイルにまとめてから転送。それだけでも、なかなかの手間がかかりました。また、新たな犬が預けられるたびに、バッチファイルを書き換える必要があったのも難点でしたね。私や当社のトレーナーたちは、全員、システムについては素人。そこで、友人のエンジニアがバッチファイルを書き換えるまで、どうしてもタイムラグが発生したのです。
 バックアップにかかる時間が長いことも、悩みの種でした。バックアップ作業のため、毎日、夜の12時から朝6時までシステムが使えない状態だったのです。当社は24時間体制でペットホテルを運営しているので、深夜の時間帯にも業務が発生します。それなのに、長時間パソコンが使えなくなるのは、かなり煩わしかったですね」
(DOGLY代表取締役 荒井隆嘉氏)

犬のしつけの権威として知られる荒井氏
犬のしつけの権威として知られる荒井氏
CCPDT認定ペットドッグトレーナーなどの資格を持ち、東京都動物愛護推進員などとしても活躍している荒井氏。「ワンちゃんの写真は、当社と飼い主様をつなぐ絆。これらをきちんとバックアップしておくことは、絶対にゆるがせにできない課題なのです」(荒井氏)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

バックアップ/企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
ルーター インターネットVPN バックアップツール
LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

バックアップ」関連の特集


Eメールが絡む事故発生時、迅速に過去のメールデータを調査できるメールアーカイブ。基礎から最新事情まで…



事件発生!怪しきは誰だ…。企業の危機を救う「メールアーカイブ」。生々しい怪メール特定の具体例と共に最…



バクテリアのゲノムをデータ保存に使うといユニークな技術が開発されました。耐久年数は数千年?!その仕組…


バックアップ」関連のセミナー

お客様のニーズに応えるftServer提案の勘所とメリット 【日本ストラタステクノロジー】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

24時間365日止まらない高信頼性とシンプルな運用が定評の「ftServer」。でも… 「ftServerは高い!?」 「他の可用性システムと何が違うの?」 「…

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築 【サードウェア】  

開催日 2月7日(火)〜2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 23万2200円(税込)

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(有償、3日間コース)DRBD+Corosync+Pacemakerによる最新Linuxクラスタを習…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 1月11日(水)〜1月13日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ 企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ 企業と顧客を結ぶ大切なデータを確実に保管!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004686


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ